太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

独自ログイン認証のサービスを解約したい気持ちと二段階認証のない楽天

図解まるわかり セキュリティのしくみ

パスワードが漏れている!?

 Google Chrome の拡張機能でIDとパスワードの安全性に警告を出すようにしているのだけど、とあるメールアドレスとパスワードの組み合わせが流出しているらしい事がわかった。まずいことに複数のサイトで使い回していたので正確な流出経路は不明。ポイントサービス、メールマガジン、記事購読などの複数サービスに使っていた組み合わせなので、どこかがやらかしたのだろう。

 Google や Twitter や Amazon などは二段階認証が使えるならそうしているし、パスワード自体も複雑かつ個別化しているので直ちに致命的なリスクはないと思う。それでも気分が悪いし、何かしらのサービスで不正送金されるといったリスクがある。そもそも今となっては登録しておく必然性もないサービスが多い。

独自ログインID認証の Web サービスを解約

続きを読む

『がっこうぐらし!』完結で突きつけられる考察厨の虚しさ

がっこうぐらし! 12巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (まんがタイムKRコミックス)

がっこうぐらし!完結

 学園日常系とゾンビサバイバルが悪魔合体した『がっこうぐらし!』が完結した。「わたしたちはここにいます」を回収したり、能力主義や規律管理は極限状態でこそ破綻していくといった内容が描かれていてよかったのだけど、各所にある思わせぶりな表現が想像以上に投げっぱなしになったなぁという感想も抱いた。

 リアルタイムでは『がっこうぐらし! 管理人 考察のまとめ 『クローン実験説』について!(ネタバレあり)』みたいな話で盛り上がっていたのだけど、そんな話は一切なく。もちろん妄想的なこじつけや作画ミスなどもあるのだろうけれど、主人公の制服だけ青色になっている理由すら不明というのは流石にしんどい。

 同じような謎構造にある『進撃の巨人』がクライマックスに向けて丁寧な伏線回収をしていってくれているから余計にそう感じる。

考察厨の虚しさと過程を永遠に続ける楽しさ

続きを読む

Nintendo Switch のフィットボクシングはゲームに没入できないから良い

Fit Boxing (フィットボクシング) -Switch

週に1回の運動は気休め

 帰省したり、寒くなったり、仕事が忙しくなったりでスポーツジムに行く機会が減っていた。週1ぐらいで再開しはじめたのだけど、消費できるカロリーは 500 kcal 程度。何もしないよりは良いが気休め程度ではある。

f:id:bulldra:20200115075140j:plain

 ジムで走っているとごはん妄想がたかまると言う問題もある。気が大きくなって帰りにチーズ味噌ラーメンとライスなど入れてしまえば、むしろカロリーオーバーである。

家トレーニングをゲームで継続したい

続きを読む

飲食サブスクリプションは「料理や雰囲気にうんざりする」が織り込まれる

サブスクリプション2.0 衣食住すべてを飲み込む最新ビジネスモデル

牛角のサブスクリプションが終了

 90分食べ放題を1カ月間利用できて1万1000円と言う安さで話題になっていた牛角のサブスクリプションなのだけど、あっという間に販売終了になってしまった。

牛角の主なターゲットはファミリーやグループでの来店客だ。しかし、サブスクリプションサービスは個人が購入して1人で利用することが多い。いちよし経済研究所の鮫島誠一郎主席研究員は「個人での購入が多いであろうサブスクの客が殺到すれば4人席も1人で占有されてしまう。それではもうからないとみたのではないか。

 問題の本質は4人席を1人で90分占有される機会損失にあるのだろう。事前シミュレーションから「混雑時は相席になる事もある」といった条項を加えておけばまだ芽があったのかもしれない。そもそもが炎上PRだったのかもしれないけれど。

飲食サブスクリプションは企業努力と逆行しがち

続きを読む

女子プロレス団体スターダムの「対戦相手X」にあの頃のときめきを感じてる

週刊プロレス 2019年 11/6 号 [雑誌]

女子プロレスと地下アイドルの融合

 ここ半年ほどで急激に女子プロレス、特にスターダムにのめり込んでいる。きっかけは宝城カイリや紫雷イオのWWE移籍だったのだけど、そこから新日本プロレスの親会社でもあるブシロードが買収したり、NYのマディソン・スクエア・ガーデンや東京ドームでの提供試合など目まぐるしい変化もあった。

 いわゆる女子プロレスと言うと男勝りなイメージがあるかもしれないけれど、アイドル的な要素のが大きい。ルックスの良さや歌パートがあるのは伝統として、感情のぶつかり合いが試合やストーリー展開に積極的に取り入れられている。子供の頃からプロレスを目指す女子もいれば、舞台女優やアイドル志望から流れてプロレスをする女子もいる。層が分厚いとは言えないからこそステージの成長も早い。

入れ替わりの激しさを前提とした構造

続きを読む