太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

そのアニメを楽しめなくなる覚悟を持つ者だけがオタク婚活をしなさい

フールペナルティビジネスはパニック時にこそ忍び寄る

panic anxiety 071

鍵のレスキューに11万円

 鍵を落として、深夜にウェブサイト経由で鍵のレスキューを頼んだら11万円支払ったことが話題となっている。冷静な状態なら請求時点で断ることもできたし、疑義を唱えることもできたはずなのだけど、提示どおりに支払ってしまえば、後から取り返すのは難しい。

①不正を行う「動機・プレッシャー」がある ⇒ 営業ノルマが課されている。達成すれば高給を得られる。次の客がいつ来るか不明。
②不正を行うことができる「機会」がある ⇒ 客と会うのは一回限り。客は動揺・切迫している。客は適正価格について無知である。
③不正を行っても自分を「正当化」できる ⇒ 客が困って助けを求めてきたからサービスを提供してあげている。鍵開けは高度な職人技であり、人件費・技術料として当然だ。

 ある種の不正を行う前提条件を業者側がもっている場合、彼らはパニック状態の人間に親切な顔をして忍び寄ってくる。パニック状態の人を「情弱」と嘲笑うことはできないし、自分だってそうなる可能性がある。

フールペナルティビジネスはパニック時にこそ忍び寄る

続きを読む

外国人技能実習制度は低賃金を維持するための奴隷制度じゃないのです

We are not slave.

外国人技能実習制度がコンビニに拡大

人手不足が慢性化しているコンビニ業界は、留学生を中心に外国人アルバイトを積極採用、大手3社で全店員の6%弱に当たる計約4万4千人に達した。技能実習の対象職種になればさらに増えるのは確実だ。

 「外国人技能実習制度」は開発途上国等の人材に、先進国内で発達した技能を修得させるために、外国人労働者を一定期間受け入れるための制度である。あくまで「帰国後に自国内の産業発展に貢献できる技能を身につけられる」ことが条件となるため、コンビニのアルバイトとして使い潰すことで、自国内の産業発展に貢献できるというロジックは無理筋だろう。その国でコンビニを経営するのだろうか。

外国人技能実習制度の闇

続きを読む

「話題のスマホ」という隠語から iPhone を忖度させる携帯キャリアCM

iPhone

「話題のスマホ」という隠語キャッチコピー

 携帯キャリアが流しているテレビCMやネット広告において「話題のスマホ」というキャッチコピーが使われているが、これはAppleが自社製品における広告素材(クリエイティブ)を指定しており、独自の広告素材を使うことを許可していないからである。実際、iPhoneのテレビCM映像がすべてのキャリアで共通になっており、最後の一瞬だけそれぞれのキャリアのロゴが出るようになっている。

 編集部・三太郎・白戸家といった独自ブランドCMを流したい携帯キャリア側からしたら最新のiPhoneであることを忖度してもらう隠語が必要となり、「話題のスマホ」という隠語が生まれた。これだけでは、それぞれのキャリアで独自に指定してもよさそうなものだけど、結果として統一されているので、なんらかの談合が行われたのだろう。

想起隠語としての「アイ」

続きを読む

楽天マートのリピーターがコスパ最強お取り寄せグルメをまとめてみた

f:id:bulldra:20170918183706j:plain

楽天マートでコスパ最強のお取り寄せグルメ

 ここのところで、楽天マートのお取り寄せグルメをよく利用しています。楽天のグルメ部門は基本的に高級路線だし、長いランディングページがうるさいことも多いのだけど、楽天マートはローソンフレッシュや成城石井などと提携したネットスーパーなので比較的安価な商品も多いです。3,500円以上で送料無料(本州・四国のみ)なのも手頃。

 楽天マートは楽天経済圏にあるので、楽天ポイントが利活用できるし、5,000円分クーポンが2,500円で買えるグルーポン形式の割引クーポンまで販売しています。そこで今回は、楽天マートをリピート利用するなかで見つけたコスパの良いおすすめ商品をまとめます。

ローソンフレッシュの高菜ピラフ

続きを読む