太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

位置情報系恋活アプリは「攻略可能キャラ」が拡張現実表示されるスカウター

出会い2.0 スマホ時代の「新」恋愛戦術

位置情報系マッチングアプリ

 Twitterのキラキラビッチアカウントとして有名な暇な女子大生 ([twitter:@bored_jd] )(元はてな女子の暇女とは別人)のステマに乗せられてTinderというアプリの使用感を調べていた。ファーストルックは写真と勤務先と学歴のみだし、LIKEをしても相手に通知されないから、顔写真がいまいちで経歴を非公開にせざるをえない自分が参戦したところでどうしようもないのはすぐに分かる。

 それはそれで仕方がないし、実利は諦めたのだけど、近くにいる恋人募集宣言をしている女性の顔写真や経歴が次々に表示されていくインターフェイスに根暗な愉しみを見いだせてしまうことに気がついた。

攻略不能キャラクターに入れ込むのはもうこりごり

 僕自身の人生の中で失敗したなーって思うのは、若い頃に「攻略不能キャラクター」に入れ込んでしまったことだ。恋愛ゲームにおいては、どのような選択をしても攻略するルートが存在しないキャラクターが登場する場合がある。あらゆる事をためしても絶対うまくいかないキャラクターを好きになってしまうと、どうしようもない無力感に苛まれる。例えばアイマスの音無小鳥である。

 現実世界で攻略不能キャラクターとして挙げられる筆頭は「既婚者」や「親密な恋人あり」であろう。それでなくても、現代社会には攻略不能キャラクターからの疑似恋愛を対価の伴ったサービスとして提供する罠が多い。

 地下アイドル、キャバクラ嬢、JKリフレ、メイドカフェ店員などなど。ゲームと違って100%の攻略不能ではないのかもしれないけれど、普通に恋愛するよりも厳しい局面が多いし、結婚はもっと難しい。

攻略可能キャラを拡張現実表示するスカウター

 攻略不能キャラクターに振り回されたトラウマがあると、攻略可能なキャラクターを判別できるスカウターが欲しくなる。恋愛工学とか、ナンパ術など話は、この「スカウター」を磨くための訓練が多いようだ。靴が汚いとか、歩くのがゆっくりしてるといった隙を見つけるスクリーニング。

 婚活スカウターは、自分の戦闘力と相手の戦闘力の両面が必要となる。マッチングアプリや婚活パーティが必要とされるのも、そもそも口説いてよい相手なのかの見極めが難しく、失敗したときのペナルティが高くなってしまった前提があると思われる。職場やはてな村でやらかしたら地獄だぞ。

 そんななか、近くにいる「攻略可能キャラ」が表示されるスカウターが提供される状況が興味深い。同じビルで働いている女子が入ってくることもありえるし、使用者が広まっていけば、知り合いの知り合いぐらいが表示されることもあるだろう。もっとも、相手が恋人募集中であることと、自分に可能性があることの相関関係はあんまりないのだけど。