太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

「もう、ゴールしていいよね」と思うミドルエイジ五月病

欲望の資本主義

成長願望の枯渇

 これまでの自分を考えるに「成長への欲望」が強い方だったと思うのだけど、ここのところで成長への欲望が急激に枯渇している。敢えて負荷の高い道を選んだり、専門外の資格を取ったりしてきたのだけど、それでどうにかなるわけでもない。

 それは自分自身の集中力や体力が落ちていることが原因なのかもしれないし、時代の閉塞感が原因なのかもしれないけれど「もう、ゴールしていいよね」と思って妥協することが増えた。

ミドルエイジ五月病

 仕事の観点からすれば物理的な時間には限界があるし、特別に能力が高いわけでもない。自身をひとつの駒として見た場合においてこそ自分の成長に拘るのは組織としての効率が悪くなる。生活の観点からすれば結婚するのにも遅い年代になってきたし、家族コミュニケーションや父親としての云々はしたくてもできない状態にある。

 仕事上の成長をしてお金を稼いで家族との関わりのなかで学んでという話がないまま、時代としても閉塞感があるとなれば、頑張るのは難しい。ミドルエイジ五月病だ。だからどうしたという話でもないのだけど、もうちょっと力を抜いて娯楽や消費を楽しみに生きてもよいんじゃないのかもしれないと今は思う。

欲望の資本主義

欲望の資本主義