太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

CoCo壱番屋のコスパ最強はシーフード三昧カレー

f:id:bulldra:20180816220142j:plain

ココイチの三昧シリーズで自分へのご褒美

 吉野家や松屋のカレーもよいのだけど、ココイチのカレーと揚げ物をどうにも食べたくなることがある。

f:id:bulldra:20180816220145j:plain

 自分へのご褒美として注文したい「三昧シリーズ」の満足感はすごいものの、ポーク三昧カレーは1,441円でビーフ三昧カレーは1,317円となかなかのお値段。

シーフード三昧カレー」がコスパNo1

 そんな三昧シリーズなかでも、シーフード三昧カレーは1,265円で海老カツ、フィッシュフライ2個、海老、あさり煮込みと反則的な具だくさん。海老、あさり煮込みにはカレーソースに海鮮出汁の旨味がつく副次効果のお得感がある。

f:id:bulldra:20180816220149j:plain

 ココイチにあるメニュー表を確認するとフィッシュフライや海老あさりカレーがやけに安いことに気づく。海老あさりカレーは海老にこみカレーよりも安いし、フィッシュフライは2個でスクランブルエッグと同じ価格。そういう下支えがあるから手仕込みロースカツなみに高級な海老カツを入れてもリーズナブル。トータルで得した気分になってしまう。

ここ一番のココイチ

 ときどき無性にCoCo壱番屋のカレーが食べたくなる禁断症状に襲われることがある。特段に美味いわけでもないし、ぜったいに割高になるのもわかっているのだけど不思議と足がむかってしまう。

 ココイチにある普通のカレーの中毒性について自分のなかでも未だに言語化できていないのだけど、確実に食べたくなる頻度が上がっているようにも思える。ちょっと頑張ったけど酒が呑めない日、すごくお腹が空いてる日、あとは風呂に入って寝るだけのとき。ここ一番で食べたいものがシーフード三昧カレーの魚介出汁とシーフードフライを組み合わせたプチ贅沢になっている。

カレーライスと日本人 (講談社学術文庫)

カレーライスと日本人 (講談社学術文庫)

  • 作者:森枝卓士
  • 発売日: 2015/08/28
  • メディア: Kindle版