太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

酒を飲まずにちゃんと寝ることに比べたら全ての健康法は誤差

マヤさんの夜ふかし 1 (ゼノンコミックス)

色々な健康法を試しているけど

 在宅で時間をもてあましているからか色々な健康法を試したりをしているのだけど、実のところでどれが効いてどれが効かないのかよくわからない。気分がよくなった気もすれば、そうじゃない気もする。A/Bテストで因子分解をしていくべきなのかもしれないけれど敢えて悪い選択肢を取るリスクをおかしたくもない。

 そうはいっても、飲酒と睡眠不足が及ぼしてくる影響については明確であって、その二つに比べたら全ての健康法は誤差なんじゃないかとも思えてくる。ここ数ヶ月は酒を飲んでいないけれど、不眠のまま夜更かしをしてしまうことはままある。

いくら遅く寝ても一定の時刻には起きてしまう

 一番の問題は23時に寝ようが3時過ぎに寝ようが6時半ぐらいには目覚めてしまうこと。もっと早く起きてしまうこともある。そこから二度寝するのも難しくて布団の中でスマートフォンを眺めていたら8時ぐらいになっている。3時間半睡眠のまま働きはじめると何も頭に入ってこないし、自律神経がおかしくなって変な汗をかいていたり、肌が荒れてくる。

 仕事が終わる直前ぐらいから何も考えられなくなってベッドにバタリ。スマートフォンを眺めたりうつらうつらしていたら22時ぐらいで覚醒。そこから変に目が冴えて散歩をしたり、ブログを書いていたりすると翌日の1時を越えて睡眠サイクルが乱れるスパイラルに入る。

本当に必要なのは睡眠のコントロール

 ビール1リットルだとか、チューハイ3杯ぐらいであれば大丈夫なのだけど、そこから先は猛烈な眠気に襲われて変な時間に起きては頭が痛くて二度寝もできない状態になる。それが午前二時とかに起こるのだから次の日に影響が出るし、死にそうな状態で丸まるのは惨めだ。ラストの一杯…あれが効いたなと頭痛を抱えながら後悔する午前二時。

 そもそも自分が酒を飲むのをやめようと思った理由も睡眠習慣がぐちゃぐちゃになったからなのであった。酒をコントロールするだけで安心せずに規則正しい時間に寝て起きるようにしたい。グリナとか良いのかな。

 ネットサーフィンやゲームに熱中しすぎる弊害はもちろんのこととして、誰に頼まれたわけでもないブログの毎日更新に拘ることによって寝る時間が遅くなったり、目を冴えさせたら本末転倒だ。小手先の健康法に拘る前に睡眠のコントロールを心がけたい。まずはスマートフォンをベッドに持ちこまないぞ。

味の素 グリナ 30本入り

味の素 グリナ 30本入り

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品