太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

楽天証券の投資信託同一銘柄を月5回の期間分散で全自動定額購入

f:id:bulldra:20200709232516p:plain

期間分散定額購入の強さ

 そもそも個別株やETFに競馬やアイドルや野球のような感覚がなかったと言えば嘘になる。日経ヘイキンズの成績に一気一憂して、おはぎゃーやら黒田バズーカやら言っているのは楽しい。それでいて競馬やパチンコよりも期待値が高くて、アイドルや野球よりも心を踊らせて、誰もが新聞報道やら床屋談義やらで触れようとする最大のソーシャルゲームという側面もある。

 これまでは色々な投資方法を試したり、経済ニュースを読みあさっていたものだけど、新型コロナウィルスの諸々があって保有していた株を全て手放している。残っている証券は定額購入を続けている投資信託だけだ。

f:id:bulldra:20200709230915p:plain

 ある銘柄では基準価格の開始当時は11,157円で、現在は10,816なので開始時点よりも下がっているのだけど、途中で奈落を経ている結果として損失がほとんどない状態にまで戻ってきている。また奈落に落ちるかもしれないけど。

 定額積立をしている場合、基準価格が安くなれば同じ金額で購入できる口数が増えて、高くなれば購入口数が減るため、購入時点でとらえられるボラティリティが大きいほどにトータルでプラスになる可能性が出てくる。一時的な下落はご褒美なのだ。

月内の購入回数を期間分散するためのハック

 色々な考え方があるだろうけれど、月1回の定額積立であると月中に起こった変動がとらえられない可能性が出てくるし大数の法則を信じるのには試行回数が足りない。楽天証券においてはつみたてNISAの場合に毎営業日の機能があるため、そちらの枠をフル活用するのは前提となる。

f:id:bulldra:20200709232106p:plain

 NISA枠以外にも購入金額を増やそうとして同一銘柄で毎月N日に購入する設定を複数しようとすると設定済みエラーが出て期間分散購入ができない。それで試してみたら代金の引落方法を変えると同一銘柄でも期間分散が実現できることに気がついた。

定期積立口座における制限事項の組み合わせ最適

f:id:bulldra:20200709232516p:plain

 各々の支払い方法事に設定可能な日付や金額に厳しい制限があるのだけど、それらの特性を組み合わせて結果的に良い塩梅に月内期間分散する事ができた。楽天カード支払口座を13日にできたら完璧だが、このような固定的な制限があるため致し方ない。

f:id:bulldra:20200709234142p:plain

 現金で持っていると無駄遣いしすぎる懸念があるので資金拘束しておきたいが、儲けてやろうという意思を介在させると弱弱な投資家になってしまう事がわかっているので全自動で高頻度の期間分散定額購入を設定しておく。紆余曲折の変動を経て緩やかなインフレーションに向かう時代の流れだけは信じて。