太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

ポキボウルやサラダボウルで生野菜を腹一杯詰め込むことからしか取れない栄養がある

名医がすすめる最強の食事術 “一生健康”パワーサラダ

生野菜がとにかく美味い

 鶏胸肉と冷凍惣菜を食べ続けていた反動からか、とにかく生野菜を美味く感じるようになった。もともとサラダバー目当てでビュッフェに通ったり、グラムデリなどを利用する程度には生野菜が好きだったのだけどコロナ禍で縮小傾向。生野菜を腹一杯詰め込む快感に飢えていたところにデリバリーのポキボウルやサラダボウルを食べて欲望が蘇ったのだ。

 特に好きなのがポキボウルだ。ポキ(ポケ)とは「魚の切り身」を意味するハワイ料理なのだが、アメリカを中心に生マグロやサーモンの角切りと大量の野菜を醤油や胡麻油で味つけて五穀米等に乗せる意識の高いヘルシー料理として広まっている。

 刺身と野菜と米って考えると違和感を感じる人も出てくるのかもしれないけれど、マグロ丼・刺身とツマ(またはアボカドサラダ)・五穀米入りサラダなどを考えるとそれらが合わさることに何の不自然さもないし、中華ドレッシング風味やコチュジャン風味がまた食欲をそそる。上記の店では黒米とケールのハーフ&ハーフにすることができ、巨大なボウルに具材を入れても500kcal前後に収まる安心感がある。

豪華サラダをベースにトッピング

 クリスプサラダワークスを利用することもある。ここのサラダボウルは巨大で見た目にも嬉しいし、野菜がシャキシャキして美味い。鶏肉などの具材も含んだ350gのサラダで500kcal前後、雑穀米も入れると600kcal程度となる。糖質を全く取らないのもPFCバランス的に良くないのでポキと同じく米を入れるカスタマイズにしている。PFCがしっかり摂れるパワーサラダというやつだ。

 追加でタンパク質も摂りたいため、家で食べるときには作り置きの低温調理した鶏胸肉や温玉をトッピングしているが、これも美味い。様々な野菜を冷蔵庫に入れてサラダを作って片付けて生ゴミ管理なんてことはしたくないが、比較的管理が簡単な具材でさらに豪華にするのはデリバリーならでは。ちょっとせこいけど。

 しかしながら、いちいちデリバリーしたり、買いに行くのは単価的にも手間的にも高コストなのでサブスクサービスという選択肢もありなのかもしれない。冷凍惣菜と違って長期保存できないし、温野菜に比べてさえも実利的な栄養価はどうなんだと思うが。

食欲エンタメとして巨大サラダ

 肉や魚の乗ったサラダを結構ジャンクな味づけでワシワシ食べるのは大盛りつけ麺の満足感とベクトルとしてはそうずれていない。その一方で身体に良いことをしているような気分にもなれるし、胃もたれなどとは無縁だ。巨大なボウルに入った美味い生野菜を腹一杯詰め込める料理が自分にとっての好物であり、作り置き惣菜からは得られない心の栄養がある。