太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

体重・体脂肪計は別に全裸で乗る必要がなかった問題と自動監視設計

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

まずは毎日体重を計測する

 1ヶ月間の禁酒チャンレンジに成功したのだけど、その結果として体重が増えた。禁酒成功を優先したのでアイスクリームやスナック菓子やラーメンや白飯を制限なしに食べても良くしたり、コロナウィルスの影響でスポーツジムに通えていないのも大きい。

 そんなわけで、食事制限や自宅トレーニングを試みているのだけどなかなか上手く行かない。ここは初心に帰ってレコーディングダイエットをしてみようと思っているが、毎朝のタイミングで体重計にのるというのが意外に面倒であった。

 『あずまんが大王』のネタにもあったけれど、どうせ計るのであれば服を脱いで、パンツも脱いで、なんなら眼鏡まで外したい。だけども、この時期の洗面室はまだまだ寒くて億劫だと思ううちにコーヒーを飲んだり、ヨーグルトを食べたりして藪の中になってしまう。シュレンディンガーの体重が三日も続くと体重が増えた未来に確率収束する。

別に全裸と服に要素分解する必要はない

 全裸になるのは着衣分の重さ分を気にしてのことであったけれど、今時の体重計であれば着衣分の重量を引いておくことができるし、体脂肪測定に着衣は影響しない。着衣の重量はとりあえず 1kg にしておけば問題ないとのことだ。

 そもそも、限界まで軽くなった状態で計ることにあまりは意味はないし、一週間単位の傾向として下降や維持ができているかの確認が大切だ。自分自身を全裸中年男性と眼鏡と服とパンツと眼鏡に要素分解しなければいけないという前提条件を課して計らなくなってしまうことのが問題である。

要素分解しきれないと監視できないか考える

 この考え方は会計やシステムなどの自動測定や自動監視にも当てはまる。偽陽性のアラート発報が増えないようにしてくのも大切であるけれど、色々な前提条件や要素分解が難しい部分を言い訳にして「これは監視通知できない」と判断をして明確な間違えを見逃したり、熟練者の勘と経験に頼り続けたりして問題や脆弱性が大きくなってしまいがちだ。

 例えるのであれば「スマート温度計が部屋にないから温度管理ができない」と諦めるのではなくて、インターネット上に自分の住所の気温は公開されているという話だ。要素分解できない部分をカッコに入れた近似的な相関事象からも監視の意味と効果が出せないかの視点が必要となる。

 個人的には熟練者のやっていることや問題事象を観察・分解してヒューステリックなエミュレート環境を作り込むことに萌えを感じるのだけど、これも完璧な物を作り込むまでは何もしないということではなくてあくまで近似値的な物を見つけるところからでもマシになる事が多い。別に体重計は全裸で乗る必要がなかったのだ。

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

  • 作者:Mike Julian
  • 発売日: 2019/01/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)