太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

株主になるほど好きな飲食店にコスパ最強を追求する利益相反問題

外食産業の株主

 様々な投資本を読んだ結果としてインデックス投資信者になっていたのだけど、理念通りに行動できないのが人生。現実の自分と言えば株主優待目当て外食産業の株式をだいたい持っている状態であった。はてなの桐谷さんである。

 株主となった店に対して覆面株主視察と称して『食の軍師』をしながらコスパ最強を目指していたのだけど、根本的には利益相反になってしまうのでないかと思うようになった。

利益を二重に食いつぶす株主の軍師

 消費者として外食のコストパフォーマンスをよくする為には、その店にとって原価率が高い目玉商品を狙いうちにしたり、安価に満足感を得るための方法を考えては客単価を下げて居座る結果になることが多いのだけど、そんな客は店に利益を残さない渋客にすぎない。

 そもそも株主優待は確実に企業側のコストとしてのしかかってくる。額面金額の利益機会損失はもとよりも、事務コストや配送料金、金券ショップに割り引かれて流通すればその分のブランド毀損も起こり得る。

 ある企業の時価総額は基本的には今後の期待利益によって決まってくる訳だが、自分の持っている株の期待利益をコストパフォーマンス追求と株主優待の二重に食いつぶして企業価値を毀損していくのは利益相反行為なのではないか。

消費者と投資家の矛盾

 根本的に勘違いしているのが「コストパフォーマンスがよいから自分がよく利用する=株を持ちたいぐらい好き」と言う図式であろう。先述の通り、ある企業の時価総額は基本的には今後の利益期待によって決まってくる訳で、FLコスト率(食材・人件費)を抑えて客単価 x 回転率が高い業態を生み出した企業の株式を投資家としての自分は好きになるべきなのだ。

 「消費者として好き」と「投資家として好き」は得てして矛盾する。サイゼリヤのように本当に効率化しているところもあるが、消費者にとってのコスパ最強が実現できる店は人件費を不当に抑えたブラック企業であったり、利益を度外視した施策で目先の売上を伸ばしているところも多いのが実情。

 そのような消費者と投資家の矛盾を一旦拭うため外食株を全て手放した。消費増税や景気の先が見えないと言うのもある。最初からインデックスファンドをコツコツ買うスタンスを完徹した方が投資効率はよかったんだろうけど、資本関係や利益源泉を追う競馬を攻略するような楽しさがあったことも否めないので、一概に後悔ばかりとは言い切れない。何にせよ、「消費者としての自分」の好き嫌いの延長だけで投資を考えるのはあまり得策ではないのだろう。