太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

iPad Air 2 を購入

iPad Air 2をビックカメラで購入

 iPad Air 2 ゴールド64GB Wi-Fiモデルを購入。税込69,984円。通販を予約しても少し遅れるのは既定路線だし、アップルストアは入荷状況が分からないのでパス。2chで情報を調べたところ、ビックカメラに在庫があるとの事で直行。こういう時に2chは役に立つ。

 正直なところで「初代iPad Airでもいいかな」という気持ちもあったのだけど、店頭で比較したら明らかに軽くて持ちやすくなっていたし、動作もキビキビしているので2を購入した。実際、性能はかなりアップしているそう。

iCloud と iTunes Match であっという間にセットアップ完了

 第一印象としてディスプレイのガラスと表示面のスキマが狭くなった感覚がある。iPadを購入した一番の動機は電子書籍発行の大判雑誌や技術書などを快適に読む事。漫画も横向き2頁でちょうど単行本サイズ。画面がピッタリしている方が読みやすくてよい。

 セットアップはMacを使わなくてもあっという間に完了。iTunes Matchに登録しておけば音楽の同期すらいらないし、iPhoneで撮った写真はフォトストリームに同期されている。Apple製品に囲い込まれているからこその快適さはあるなと。Macで作ったKeynoteやEvernoteの確認も出来る。

 iTunes Matchでストリーミング再生させた音楽をApple TVでAir Playさせることでストレージを使わないジュークボックスにできる。iPhoneは持ち歩くので、Time Capsuleから離れてしまうとAir Play使用をもう一回設定しないといけないのが案外手間だったけど、iPadは基本的には家から出さないので、その辺が完全にシームレス。

iPad Air 2 で気がついた事と期待する事

  • 画面がすごく綺麗でテンション上がる
  • 重い処理をさせると右側の裏面だけが少し熱くなるか
  • Touch IDを認識させるのにiPhoneよりも苦労した
  • iPadを傾けると壁紙だけが動く視覚効果があって、凄く奥行きがあるように見える(この「視差効果」って機能はIOS 7からあったのか)

 iPad Air 2に期待するのは雑誌であり、漫画であり、アルバムであり、参照ノートであり、ジュークボックスという役割。これらを快適にするためのインターフェイスとして役立ってくれるはず。

 逆にプログラムや文章書きのような用途に使う気はない。MacBook Airがあるし、過去にiPadを買った時はそのへんまでやらせようとして失敗しているわけで用途を棲み分けたうえで活用していければと考えている。