太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

Helth Planetの体脂肪計結果をTwitter非公開裏アカウント経由でSlack連携

タニタ デュアルタイプ体組成計(ブラック)TANITA innerscan DUAL(インナースキャンデュアル) RD-802

タニタの体組成計の結果を統合管理したい

 ずっと家にいた自粛期間中で体が鈍ってしまったので、食事制限やウォーキングや筋トレをしているのだけど、せっかくであれば計測した値を記録しておきたい。いちいち手動で記録をしていくのは面倒なので Bluetooth 対応の機種を買った。

 計測結果は Helth Planet というアプリに自動記録されて、その内容は iPhone のヘルスケアアプリにも記録されて Apple Watch のカロリー計算にも利用されるシームレスさが便利だ。

アプリの外側にも非公開で記録しておきたい

 前述の通り、計測結果は自動的にヘルスケアアプリにも入ってくるので普通に使う分には良いのだけど、できる限り自分のライフログはひとつのタイムラインにまとめておきたい欲求もある。

f:id:bulldra:20200628214925p:plain

 Slack連携を素直に考える場合、独自のAPI申請や審査が必要になるらしく、あまりに面倒だ。代わりに Twitter 連携をうまく使えないかを考えた。そうはいっても自分の公開アカウントに体重や体脂肪率を公開していきたい訳ではない。

Twiiter をレガシーアプリのライフログ連携のハブにする

f:id:bulldra:20200628220241p:plain

 そこで記録用の非公開アカウントと連携して、公開アカウントから非公開アカウントへのフォローを許可。 IFTTT の公開アカウント側認証から非公開アカウント(正しく言えば限定公開)のツイートをウォッチして Slack に投稿するデータフローとした。

f:id:bulldra:20200628220459p:plain

 今回は Slack 連携の仕組みを作ったが、IFTTT のレイヤーに載せる事ができたのであとは Evernote に保存したりも自由だ。体組成系以外にも Twitter にのみシェア可能なアプリやWebサービスはまだまだ多い。あくまで公開が前提なのだ。

 もちろん広く公開しても良い内容なら問題は少ないのだけど、体重や体脂肪はもちろんとして聞いていた音楽や観ていた動画などの記録を積極的に公開したいわけではない。そのような場合には非公開アカウントにのみ「シェア」してよしなに取り扱っていくのが現時点では良さそうだ。