太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

ライトアル中にも筋トレは最強のソリューションである

超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由

自分リブート期間

 「みんなの筋肉体操」やら「ダンベル何キロ持てる?」やらを観ながら SIXPAD をしていると何とも不思議な気分になる。自発的には何もしていないのに脳内と電気刺激で筋トレがなされている。VRヘッドギアを付けながら電気刺激で筋トレがをする時代が来るのかもしれない。

 年末年始のだらけた感じをひきづりながらの仕事初めを早めに切り上げて、久々のスポーツジム。リハビリがてらに軽いウェイトトレーニングと1時間ほどのエアロバイクをしてご褒美のサウナ。運動で身体が温まってからのサウナ水風呂の方が効率よくととのえる。

 翌朝の目覚めもすっきり。自分をリブートしていく期間を作らないといけないのであれば、あまり「区切り」を作らない方が良いのかもしれなけれど、昼からだらけながらビールを呑む日々を作るために生きている気もする。

清涼飲料水感覚のミルクプロティン

 翌朝の目覚めがすっきりできるのは前夜に酒を飲んでいないのも大きい、というかそれが理由だ。ジムから出たら SAVAS のミルクプロティンをコンビニで買って飲みながら帰るのが定番になっている。

 軽めの「飲むヨーグルト」の飲み口ながら脂肪0でタンパク質15g。粉のプロティンの方がコスパは良いのだけど、手軽に美味しく喉の乾きを潤せるのが良い。満足感が低いままに喉の渇きを抱えているとビールを買ってしまう恐れもある。

ジムに行くと禁酒ができて飲酒するとジムに行けない背反関係

 筋トレやサウナの後のビールは美味いのだけど、アルコールによるタンパク質の分解と拮抗して効率的な超回復ができなくなるし、水分排出を促進するので運動やサウナで大量の汗をかいた後には危険だと言われている。後者については追加でソフトドリンクを飲めば良いのだけど、前者の徒労感については流石に避けたい。最低でもノンアルコールビールだ。

 酒を飲んで酩酊してからジムに行くのは危険だし、ジムに行ってから酒を飲むとトレーニングが徒労になる。そんなわけでスポーツジム自体の効果よりもジムに行くと自然と禁酒できる副次効果の恩恵のが健康に寄与しているのかもしれない。ライトアル中にも筋トレは最強のソリューションである。