太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

刺身にはご飯を邪魔しない緑茶割りが最強

f:id:bulldra:20200104101611j:plain

刺身に合う酒問題

 魚介類の刺身や寿司が好きなのだけど、普段はビール党なので一緒に呑む酒に苦慮している。一般的には日本酒が良いと言われていれているし、思考停止気味に受け入れてきたのだけど、正直なところで甘味が合わないし、どうにも飲んだ後に頭が痛くなる。

 日本酒度、酸度、アミノ酸度を見ながら、好みの日本酒を極めていくのが王道なのかもしれないが、何を飲んでも頭が痛くなるという点では等価なので諦めるしかない。そんな中、緑茶割りの万能さに惹かれるようになった。

静岡旅行で緑茶割り

 緑茶割りを意識するようになったのは静岡旅行。お茶の産地ということもあって、必ずメニューにあるし、静岡といえば駿河湾の魚介を楽しみたい。さわやかも外せないけれど。

f:id:bulldra:20200104104256j:plain

 寿司を食べている時に何かしらのドリンクを頼もうと思って飲んだ緑茶割りが美味しいし、魚介類を引き立ててくれる。

定食にも合う酒

 緑茶割りは定食と酒の問題も解決してくれる。定食を頼む場合にはビールを頼んでから定食が配膳される頃には飲み終わっているのが理想的なのだけど、どうにもせわしない。おかずだけでビールを呑むとご飯が余ってしまうし、ご飯とおかずのマリアージュこそが定食の妙だ。定食の配膳前に漬物や惣菜が出てきてくれると嬉しい。

 メインの注文は食券方式で、お惣菜は10種類の中から3種の数字を口頭で指定するシステム。とんかつの準備ができる直前に聞かれるので二郎のにんにく入れますか?を彷彿とさせる。欲を言えば惣菜はビールのアテとして出してきてほしかった。麻辣春雨にはおつまみとしてのポテンシャルがある。

 そもそも刺身を食べる時に合わせて一番美味しいのもご飯である。シメにご飯が出てくる場合であっても初手から中ライスを頼んでしまう人類なのだけど、ご飯がある場合にも緑茶ハイだけは普通に呑むことができる。

 ご飯にはビールも日本酒も焼酎も酎ハイもウィスキーも合わない事を考えると、とてつもない特殊効果を持っているのではないか。そんなわけで、刺身にはご飯を邪魔しない緑茶割りが最強である。