太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

コーヒーを断つと発症するカフェイン離脱症状が合法的な遅延性睡眠薬になっている

睡眠こそ最強の解決策である

カフェイン中毒をやめたい

 酒もタバコもしないのだけど、コーヒーについては依存症とも思える飲み方をしている日が多かった。朝起きたらコーヒー、仕事中の眠気覚ましにコーヒー、食後のコーヒー、夜のリラックスにコーヒー。お腹が張っている時には下剤がわりにすることも。

 大量のカフェインが入っているエナジードリンクも愛用していたし、QPコーワゴールドなどの疲労回復系のサプリメントにも無水カフェインが入っている。コーヒーそのものというよりもカフェイン中毒になっていたのだろう。

 そんな感じで大量のカフェインを取っていると、目が冴えて眠れなくなったり、早い時間に覚醒してしまいがちだ。疲労を前借りしてまで成し遂げたいことがある場合は仕方がないのかもしれないけれど、現在の自分はちゃんと眠って頭を働かせたい。

睡眠の質を上げることが全て優先される

記憶力、創造力、ダイエット、免疫力、幸福度、長寿―科学的エビデンスで続々証明!すべてのパフォーマンスが驚異的に高まる!NBA、NFL、プレミアリーグ、ピクサー…世界最強の睡眠コンサルタントが教える、人生を今すぐ変えるたった1つの方法。31ヵ国で翻訳決定!世界中で話題沸騰の睡眠本ついに日本上陸!

 このような本に限らず、睡眠の質を上げることは大切だ。6時間睡眠を14日間続けると48時間徹夜したのと同程度の認知機能になるなんて話も出ている。そもそも自分が酒をやめたのは睡眠の質が悪くなることだったので、アルコールの代わりに依存したカフェインで睡眠の質が悪くなってしまっては本末転倒である。そんなわけで、最近は白湯や炭酸水だけを飲むようにしている。

「控える」のは一番難しいから白湯リストになる

 朝起きて飲むのはコーヒーが多かったのだけど、ここのところで在宅ワークと禁酒の影響からかカフェイン中毒や腹痛につながっている気がするので控えている。白湯であれば歯を磨き直す必要もないし、洗い物が増えないというメリットもある。

 以前からコーヒーを控えて白湯を飲もうとしていたが、酒と同じで「控える」のは一番難しい。もう飲むべきでないなら家に置かないだけで簡単にできることに自制心を求める必要性はあまりない。そもそも自律的に制御しにくくなるから依存症なのだ。

 魔法瓶型の電気ポットで給湯すると便利。2.2リットルなので1日で飲み切るようにするとやや多めの水分補給をしている状態になって便利。ウォーターサーバーも考えたが水道という最高のウォーターサーバーがあるのに水を配達してもらう合理性を見出せなかった。

カフェイン離脱症状は合法的な睡眠薬

 そんなわけでカフェインを取らないで白湯を飲むようにしていると軽い頭痛と強めの眠気に襲われるようになった。

症状は人によって異なりますが、頭痛や著しい疲労感、眠気、不快気分、抑うつ気分、怒りっぽさ、集中困難などが挙げられます。風邪をひいた時のように、吐き気や節々の痛みを感じる人もいます。このうち頭痛は特によくある症状で、頭が脈打つようにズキズキ痛みます。身体を動かす振動で痛みが増し、次第に強くなることが一般的です。「これまで経験した頭痛と比べ、最もひどい頭痛」と表現する人もいます。

 カフェイン離脱症状自体は割と一般的な話で、カフェイン受容体ができた状態でカフェインが不足すると脳の血流が増えて頭痛になったり眠気を感じたりするようだ。これはこれで断酒に近しい話になっているのだと身を持って知る。

 もちろん、人によって症状は違うし大変な症状に襲われる人もいるのだろうけれど、自分の場合は初日こそ仕事の能率が落ちてしまったが、22:00にもなればスッキリと寝付けるようになったので、むしろありがたい状態となっている。これが続くのは最大10日間程度とのこと。

 夜更かしはできないが合法的な遅延性睡眠薬を手に入れたようなものだ。不眠症になってしまった時には敢えてコーヒーをがぶ飲みして翌日に断つという作戦が使えるのかもしれない。狙ってやるのは難しいし危険だろうけれど。それはさておき意識的にカフェインを取らないようにすることで今のところはちゃんと寝られるようになっている。