太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

赤坂「チャーハン王プラス」でチャーハン王からの挑戦をうける

チャーハン王

 みちを歩いていたらチャーハン王という文字が目に飛び込んできた。やれやれ、自ら「王」を名乗るか。「チャーハンの常識変えます」とも。でも、この「地元でNo.1なら日本全国で通用する」みたいな自信が嫌いではない。

 僕は、それなりのチャーハン好きで、横浜中華街にある清風楼が至高と思っている。だけど、あの店は普通盛りで2人前だし、色々と思い出されてくるので孤独のグルメにはちと辛い。常用できるチャーハン補給場を見つけられれば嬉しい。

ギャル男っぽい店員と綺麗な店内

 話がそれた。店は雑居ビルの二階にあって怪しい雰囲気。如何にもな中国人の店主がでてくるかと思ったら、制服を着たギャル男っぽい店員と綺麗な店内で少し拍子抜け。この感じって「伝説のすた丼」に似てる。自分で「伝説」を名乗るところとか。

 販売しているメニューは、チャーハンとスープのチャー王セット980円とトッピングのみ。カニやエビが入ってないのに980円は相当な強気だ。説明によれば黒毛和牛ミンチを使っているとのこと。調理場からはガンガンと中華鍋を振ってコンロに叩き付ける音が響いてくる。

チャー王セット

 チャー王セットが来た。量は一般的なチャーハンと同じぐらい。食べ方指南に従ってスープをひとくち飲む。濃厚な鶏白湯で、ラーメンのスープを想起する。美味。

 そして肝心のチャーハン。硬めに炊かれた米に味が染み込んでいるのが分かる。確かに美味しい。清風楼のチャーハンと方向性は似ているかもしれない。かまぼこやミンチがよいアクセントになっている。

酢醤油が真髄

 半分ぐらい食べたら酢醤油で味を変えようとメニューに書いてあったので、少し試してみたらこれも美味。そういう食べ方ってしたことなかった。この店では餃子を置いてるわけでもないのに酢醤油があるわけで、チャーハンのみを見据えての酢醤油は新鮮。

 そんなわけでチャーハン王は結構おいしかったけど、980円と言われるとリピートはちょっと微妙。餃子の王将のべちゃっとしたチャーハンも嫌いじゃないし、王と言うにはインパクトが弱めだった。初見客は見込めると思うのだけど、長期的には、どうなんだろう。とはいえ赤坂周辺でチャーハンが食べたくなったら真っ先に思い浮かぶのかもしれない。