太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

2021年の目標は給料全部お小遣い制をやめて「2021年に買ってよかったもの」を投稿しないこと

定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ 定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ (モーニングコミックス)

「2021年に買ってよかったものまとめ」をしない意思力

2020年は膠着感のあった2019年と比較すると在宅中心への仕事や生活の環境変化によって「いま持っている物に不満を抱く」機会が増え、さらには旅行や飲み会などで散財欲が解消できなくなったことで住環境の整備に興味が向かっていた。

 2020年は仕事・娯楽・運動・風呂・料理・掃除などを充実させるための買い物ばかりをしていた。それ自体には後悔がないのだけど、同じペースでの浪費を続けるわけにもいかない。今年になってからは現在ある物を活用しながらの貯蓄がテーマとなっている。

 つまり2021年の目標は「2021年に買ってよかったものまとめ」を投稿しないことだ。そんなわけで、残りの8ヶ月を過ごすための指針のようなものを記録しておきたい。

サブスクリプションの解約

 ここでリストアップしたNHKをはじめとするサブスクリプションサービスについて、解約したり、課金方法の見直しを進めている。

 Kindle Unlimited の解約で雑誌が読めなくなってしまったのが痛いが、特にモノ系雑誌こそが物欲の源泉になっていた。生活を良くするための技術やデザインの革新について知る事を一時停止しておかないと、計画的廃品について「我慢」を感じる事になってしまう。

16時間断食とロジカル料理による食費の圧縮

 16時間断食の1日2食生活を続けているので、1日にかかる食費は単純に66%程度になっている。酒も飲まないし、サラミやナッツなどのおつまみも食べていない。

 普段食事は、炊飯器やホットクッカーを活用すればど手間をかけずにそこそこ美味しくて十分な栄養価の一汁一菜が作れる。買い出しはネットスーパーでオートミール・鶏胸肉・鶏卵・納豆・キムチ・野菜などの定番食材を選んで配達してもらえば時間もかからないし、トータルで安く済む。

サプリメントの厳選

 1日2食だとタンパク質量に不安があるのでプロテインと無脂肪乳とバナナのシェイクは飲んでいる。

Kentai パワーボディ100%ホエイプロテイン ミルクチョコ風味 1kg

Kentai パワーボディ100%ホエイプロテイン ミルクチョコ風味 1kg

  • 発売日: 2017/10/21
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

 そもそも食事に気をつけつつ、アミノ酸スコア100でマルチビタミン&ミネラルが添加されたホエイプロテインや無脂肪乳を飲んでいると、マルチビタミン&ミネラルや特定のアミノ酸などのサプリメントを追加摂取する必然性がなくなってくる。

 ひとつひとつは大した金額でなくても毎日飲んでいると携帯電話料金のように効いてくるし、本当に体に良いのかは微妙だったりもする。徐々に頻度を減らして問題なさそうなら継続はしない方針だ。逆にビタミンCなどは積極的に取っておきたい。あと疲労感には睡眠が一番効く。

今、読みたいコンテンツを消費する

 既に読みきれないぐらいの本を持っているのにセールのたびに買ってしまいがちだったのだけど、まずは今ある本を読んでいくのが前提。新しい本を買う時には「欲しい」と「今、読みたい」を分離して考える。これから読める目処が立った時点で決済すればすぐに配信される。

 最近は『こちらあみ子』のように同じ作品を繰り返し読む楽しさに改めて目覚めていることもあって、余計に新しいコンテンツが不要になってきているも感じている。

スポーツジムを解約してホームジム

 コロナのこともあってスポーツジムを解約したが、その代わりに導入したエアロバイク、チューブトレーニング、ケトルベルはそれなりに良い感じに効いている。「ながら」が前提なので時間を選ばず長時間できる良さがある。

 落ち着いてきたら市民体育館などを利用してフリーウェイトやマシントレーニングをしたいとも思っているが、今のところは基礎的な筋力を戻していくだけでも十分そうだ。

おこづかい2万円クラブに入リたい

 確定拠出年金や積立NISAなどの天引き積立がある状態で独身生活を続けていると手取りの全部をお小遣いとして浪費できるような感覚になってくることもあるのだけど、浪費によって得られる効用はどうしたって下がっていく。

 それであれば、月に使えるお小遣いを例えば2万円に決めてしまうことで、たまにラーメンを食べたり、今どうしても読みたい本を手に入れたり、市民体育館で汗を流したりして、それぞれにちゃんと向き合うこともできるだろう。

 以上のような感じで、特に今年は現在ある設備を活用しながらの貯蓄と新しく購入する事物についての吟味をちゃんとしていきたいと考えている。