太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

自宅特急のエコノミークラスに乗り込むトラベル・ポルノ・ツアーの始まり

スチャダラ外伝

GET UP AND DANCE!

 今年の夏は9連休が取れたが外出予定を入れないという予定を立ている。それでいて「あーい、コトリップのみんな、テーマは『旅』に決まりました」。つまり家の中で自宅特急に乗り込んで「旅」を妄想する。


 その第一弾が『「普通」の道筋を増やしていくために壁を超える~森山たつを『セカ就! 世界で就職するという選択肢』 - 太陽がまぶしかったから』だったりもする。三十路を過ぎた自慰行為だなんてことは分かっているが、あの小説の中で集まろう。自意識のトンネル抜けると新しい世界が開けるのかもしれない。自宅特急では旅行小説を読む事にかぎらず、ビジネス書を読む事もインターネットもゲームも家事も出来る。

論理的移動力の醸成

 物理存在としての僕自身は体力が衰えており、休暇明けをまともに迎える事を考えると充分な旅行期間がとれないし、お金を使わないに越した事はない。物理的な旅をするのにも時間とお金と体力が必要だけど、ちょっと足りていないのが現状。

 「いつでも」「どこでも」働けるのであれば、「いつでも」「どこでも」旅行に類する体験ができるのではないかとも思うが、それは物流や情報通信機器の発達する以前だからこそ行われていた事でもある。1970年代においては真偽不明の旅行体験記が多数出版されており、若者達の妄想を掻き立ていたと言われている。あの国は性に開放的だとか、大麻が合法だとか。

 『セカ就! 世界で就職するという選択肢』では1960年代の高度成長期のゆり戻しをしつつ、その範囲を世界に広げたと指摘しているわけだが、旅行においては1970年代に揺り戻しつつも範囲を自宅に縮小することができるのではないか。Google Earthにかぎらずとも「いま」「ここ」にいながらして「いま」「ここ」ではない体験を仮想的に行うための選択肢は増えた。それを「論理的移動力」と呼びたい。

人生のエコノミークラスを「敢えて」選択する

 何年後になるかはわかりませんが、そう遠くない未来にコンビニで週3日働きながら実家に引き篭もる世界線に至る可能性はそれなりにある。それでも海外旅行に年1回は行きたいとか、まぁ無理。そうなった時に最安値の飛行機はLCCのエコノミークラスではなくトラベル・ポルノとなる。

 しかしながら、実態的には多少の余裕があるうちに「敢えて」体験するのであれば、むしろ新鮮なレジャーになり得る。どうせ現実逃避の旅なのだから、深い谷間に身体を沈めて自分の声を聞くなんてことは「いつでも」「どこでも」出来ること。だったら休暇中の自宅でも出来るセンチメンタル・ジャーニー……ってなんでや!

 MacBook Airを買ってしまったし、ちょっと自分の中身を見つめ直したり、部屋を掃除する時間が欲しいと思って、今年は自宅特急のエコノミークラスに乗ることとした。案の定「夏休みはやっぱり短い」となるのだろうが、せいぜい「旅」を楽しみたい。とりあえず現在は泥酔という「トリップ」をしている。こちらからは以上です。