太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

platform.twitter.comが邪魔をする

開けるウェブサイトと開けないウェブサイト

 関連がないであろうウェブサイトが同時多発的に開けなくなる事象が稀に起こる。このような場合においては大抵「platform.twitter.comを待機しています...」がステータスバーに表示されているという共通点に気付いたため、調べてみる。

 「platform.twitter.com」を直接開くと以下のような画面がでてきた。

 アクセスが拒否。このURLは「このページについてTweetする」といったボタンのために使われているようで、他のサービスが原因で画面が真っ白になってしまうというのも残念です。

ツイートボタンをブロックする

 ソーシャル連携機能自体は有用なのですが、そのためにサイトが表示できないのも本末転倒なので、一時的にブロックすることにした。ページ内の要素をブロックする方法として例えば Chrome では『AdBlock — 最高峰の広告ブロッカー - Chrome ウェブストア』という広告ブロック用のエクステンションが利用できる。

AdBlock設定

 インストールしたエクステンションで右クリックを押してオプションを開き、以下の作業を行う。

  1. カスタマイズタブに移動
  2. 「手動でフィルターを編集」の「編集」ボタンを押下
  3. 入力欄に「http://platform.twitter.com」を追加して「保存」ボタンを押下


まとめ

 以上の設定を行うことで、表示不能になっていたページが開けるようになった。エクステンションのアイコンを押すことで有効/無効が切り替えられるため、必要に応じて変更できる。TwitterにかぎらずFacebookなどについても同様の対応が行えます。

 近年ではソーシャルメディアからの流入数を多くするために、複数サービスでの共有ボタン利用が当たり前になっていたのだけど、サービスを増やす毎に、いずれかのサービスの障害に巻き込まれて全体が止まる「SPOF」と呼ばれる単一障害点も増えていきがちだ。必要なサービスに絞る事と、巻き込まれないような設定をしていく事が大切になると思われる。