キャリア人材は「商品」なのだから、未来形で語る「圧倒的成長!」を免罪符にしてはいけない

photo by AlmaArte Photography 「圧倒的成長!」を免罪符にできる年齢じゃなくなっていた 33歳になってから転職活動をしていて感じるのは、「圧倒的成長!」を他者への免罪符にできる年齢じゃなくなっているということだ。異業種にリクルートエージェントなどを介してエントリーをしてみても書類選考で落ちるのが現実であ…