15年ぶりに村上春樹の小説を読んだ僕は。

photo by tami_chan 1 「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」 僕が中学生の頃に通っていた古本屋の店主はそう言った。僕がその本当の意味を理解できたのはずっと後のことだったが、それが村上春樹からの引用である事を知ったのは比較的早かったと思う。 小遣いの範囲での娯楽を考…