太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

仕事

フリーエージェント宣言をして転職エージェントに会いにいった東京駅周辺でIngressのエージェントとしてリクルートされた話

転職エージェントを利用することにした 今の職場でFA宣言を出してから、転職サイトを中心にみていたのだけど、今回になって初めて『リクルートエージェント』を利用する事にした。転職エージェントサービスとは企業と転職者の間にエージェントが入って、経歴…

転職活動って好きな企業に「一緒に働きたいぐらい好きだ」と告白できる機会だと思う

photo by Dice.com 転職活動はじめました 2月から転職活動を本格的にはじめようとしていて、履歴書や職務経歴書などを書いていました。「まだ会社員で消耗するの?」という葛藤もあるし、半年ぐらい旅をしようとか、しばらくは『クラウドワークス』などで糊…

どうせ社畜で消耗するなら有給休暇を取って副業していけばよかった

photo by Denis Collette...!!! おまえは捨てられた有給日数を覚えているのか 給与明細を眺めていて、どうせ社畜で消耗するなら有休を取って副業していけばよかったと今更ながらに思いました。年間で22日間の有給休暇が付与されていたのに、取得できたのはせ…

「ブラック企業」というバズワードにおける言語論的展開と読解されないからこその伝達力

photo by Darwin Bell バズワードとしての問題提起 近年になって「ブラック企業」という言葉が大きく取り沙汰されるようになりました。この言葉自体は10年以上前からあったのですが、急激に普及したように思います。それだけ過労死問題や残業代未払いが一般…

動機の時代においては、翌朝に「やりましょう」と言われた与太話から現実化する

夜の盛り上がりはその場限りだけど ここ1年ぐらいでギョーカイ的な場所に関わる機会も少しだけ増えてきたのですが、そういう時に内面化しすぎていた「その場で盛り上った与太話を真に受けない方がよい」という警句は半分誤りなのではないかと思うことが増え…

「できるからする」に安住しないように「できないようにする」を検討する

「それは難しいか?」と「それをしたいか?」は別物 僕自身の事を考えるに「それは難しいか?」という観点が影響して、そもそもの欲望が逆算して作られる転倒状態になってしまう事があるのではないかと感じる事がある。選択肢が複数あった場合において、初手…

器用貧乏な赤魔道士から「他人がやった方が早い病」の青魔道士にジョブチェンジしたい

器用貧乏に生まれて 最近になってからは「自分、不器用ですから」というスタンスを作るようにしているのだけど、どちらかと言えば「器用貧乏」と言われてきた。学生時代は文系と理系をフラフラしていたし、仕事においても営業支援・企画・顧客折衝・PMO・開…

「お前はもう必要ない」と言ってもらうのが、ヒーローの仕事

photo by Terry McCombs 仕事納め 仕事納め。年末は馬鹿みたいに大変だったし、いまでも緊急連絡を受けられるようにしてあるのだけど、年末年始をしっかりと休める可能性はそれなりに高い。クリスマス前から現場近くのホテルに泊まりこんでいたり、システム…

あるべき姿、ありたい姿、あたりたい姿、あらがいたい姿

photo by ToBe.Photo あるべき姿 あるべき姿(To Be)を設定して現状(As Be)との差分を埋めるというのは業務分析やコンサルティングの基本的な考え方です。これはあるべき姿 < 現状 + ソリューション」であり、「あるべき姿 ー 課題 = 現状」です。ここれで…

岡田斗司夫『いや、上京するの面倒くさいし地元の方が楽だよね』〜地元で楽に暮らせるナリワイを作るには「えこひいき」されるようにしよう

地元志向とネット 本書は香川県で行われた岡田斗司夫の講演「ネット時代こそ地方在住者のチャンスだ!」を再構成した電子書籍である。東京と地方での活動の違いや、今後の働き方や人口流動などが話題になっている。 無理やり一人暮らしする必要はないし、親…

月曜日が辛いなら月曜日も週末にすればよいじゃない

月曜日が休みだった 今週はやけに早く金曜日がきたと思ったら、月曜日が海の日で休みであった。ここのところ自主的に週休3日制にしている。先週の月曜にも代休を取っているし*1、来週の月曜も休暇を取れた。『月曜の朝の度に『脱社畜できないブログ』になる…

「働く」とは「傍を楽」にすることである

ライフワークとライスワークの分断 「働く」というと会社に行っての賃金労働を考えがちだけど、それだけでは足りないという思いが強くなって実家に戻ったり、在宅勤務を模索している。過去には「ライスワークとライフワークを分けろ」という考え方だったのだ…

「出来るからする」に安住し続けてるうちに「したいから出来るようにする」が抜け落ちる

「出来るからする」に安住し続けること 賃金労働。会社やプロジェクトに技術者として従事していれば黙っていてもタスクが増えていって、それをこなせば給料が貰えるというイージーモード。もちろんタスクの質を選ぶ余地が少ないとか、お金の取り分が少ないと…

可能世界と投機的実行を前提とした先払い型自己投資について

photo by w4nd3rl0st (InspiredinDesMoines) 時間の多寡の重要性 仕事が落ち着いたのでやっと代休が取れた。今週末も海の日で連休だし、抱えてるタスクも減ってきたので良い具合だ。こういう時にこそ「自己投資」とやらをする必要があるのだろう。『自己投資…

お店屋さんごっこがしたいから「コミケにお客さんはいない」を徹底しない

photo by shibuya246 飲み続けた日 昨日は、『7/12(土)西荻窪「project」で1日店長やるよー/13時の部 : ATND』と『はてなブックマークユーザー会オフラインミーティング : ATND』の連チャンで昼から深夜にかけてビールクズになっていた。 はてなブックマー…

自己投資とは「何にどのくらい注ぎ込んだか」である

トピック「自己投資」 「自己投資」と考えると「お金」のイメージが強いのかもしれないけれど、時間や意志力を何に使うのかの問題の方が重要である。僕が欲しいような商品は2年間分の給料を全部使うぐらいで揃ってしまうわけで、そこから先は意志力を維持す…

台風で電車が止まる稀によくあるリスク因子へのバッファ計上って難しい

photo by NASA Goddard Photo and Video 稀によくあるリスク 怠い。台風も近づいているみたいで、また出張先から帰れなくなる事を織り込んでなきゃいけないのだろう。織り込んだ所でどうにもならないけれど。台風自体はともかくとして、それでも出張を強行し…

タコ部屋化していく社会から逃走する準備

photo by Jonathan Kos-Read タコ部屋化する社会 家に帰ってご飯を食べて風呂に入ったらすぐ寝る時間。7時前には出勤する必要がある。この感じを進めてもジリ貧だよねとは。今月はヤケにお金を使っていると明細を調べたら交通費とか、そのための外食による出…

切符を耳の穴に入れて運ぶライフハック

photo by ed_needs_a_bicycle 切符をなくさないように 村上春樹おじさんのエッセイ集である『村上朝日堂 (新潮文庫)』を少しづつ読んでいるのだけど、その中にある「電車の切符を耳の穴に入れる」という話が頭の中に残っている。曰く、切符をポケットにいれ…

マジ系クズとしては威圧的に振る舞っておいた方が誠実になることもある

マジ系クズとして生きる ものすごく真面目で誠実であるように演じてしまうところがあるのだけど、実情はそうでもない真面目系クズである。自分で作った規範に対する罪悪感意識が強いからそう見えるのだけど、だからこそ自分の中で理屈がついてしまった部分に…

終わりなき鈍痛な日常に見て見ぬ振りをしていても人生は消耗していく

photo by Martin LaBar 習慣化を辞めること 僕の行動には習慣化をしようとしては失敗している事もあれば、毎日当たり前のように継続している事が同居しているのだけど、ある程度習慣化してしまうと「それを止める」という選択肢が生まれにくいというのは共通…

月曜の朝の度に『脱社畜できないブログ』になるのをやめたい

photo by xJason.Rogersx 引きこもり続けたい 予定のない休日の一番よいところは何度も昼寝をして、何度も寝起きの水が飲めることである。起きる毎に水を飲んで、本を読み、文章を書き、音楽を聴き、ゲームをする。最高に楽しい。「それは短期間だからでしょ…

真面目系クズ化していく社会構造では方法論的個人主義における認識範囲が狭い方が有利なのかも

妥協 今週はずっと怠くてキツかった。やりたい事ができないのに、やらなきゃいけない事ばかり。もちろん選択の結果ではあるし、自分に同情する事には何の意味もない。ただ、それにしても「合意したように見せといて実態で崩せばよいか」みたいな話ばかりが増…

業務まつわる移動時間は残業時間に含めて労務管理しないと正確な過労死リスクが計測できない

photo by okazunori 今週のお題「雨あめ降れふれ」 昨日も出張だったのだけど、帰り道が大雨だわ人身事故だわで、どうあがいても絶望だった。帰り道だけで4時間以上掛かっている。遠距離なので朝も早いのだけど疲労感が半端ないのだけど、この手の移動時間は…

「ここは分からない」「ここは未決」というフィードバックをしないで実行動されるほど怖いものはない

フィードバックなしの行動 出張が続いて疲れている。1日につき5.5時間は移動して、10年前に仕込まれた爆弾の解体処理をしていると何をやってるんだろうな感。当時の人々も必死だったんだろうけれど「これ字面から適当に連想しただろ!」としか思えない部分が…

真面目系クズすぎると二度死ぬ

photo by Nikita Kashner 真面目すぎると死ぬ 「真面目すぎると死ぬ 」という話を読んだ。簡単にいうと規範を守る意識が強すぎると疲れるし、環境の変化に耐えられなくなって死ぬということである。この議論についてはよく聞く話でもあるのだけど、何点か気…

裁量労働制がまともに運用されるなら昼寝制度なんて勝手にやるのに

昼寝制度 今週末はとにかく休もうという事で、主に寝ていた。いくら寝ても眠いものは眠いのだけど、寝た後はしばらくちゃんと動ける。最近は昼寝制度を導入する企業が出てきているそうだ。 他にも昼寝制度を採用している企業は増えている。GMOインターネット…

労働基準法が緩くなるほどに辛くなるという不信感が拭えない

不利な部分だけが自由と自己責任 休日出勤の影響もあって疲れが取れず。やっぱり早く寝る必要があるし、昼寝時間を確保する必要がある。一旦捗らなくなるとRSSを読んだり、スマートフォンを使ってしまってスパイラルになりがち。ほんとは1時間遅く出られる日…

本質ではないコストを無視されるのは困るけど明示するのも野暮で

実労働時間とその前後の準備 休日出勤で朝から仕事。自分の作業担当はわりとすぐに終わって帰る。確かに実労働時間は少ないのだけど、そこに行くまでに往復3時間以上かかっているし、準備や着替えや余裕をもって出るなどを含めたらさらに1時間掛かってる。…

セレンディピティという「能力」を鍛えるための朝活

photo by Photosightfaces 朝活 今日から日報エントリや日次レビューは朝活としてする事にした。昨晩は21時半でMacを閉じている。その後に何をやっているのかと言われても漫画を読んだり、音楽を聴いたり、風呂に入っていただけ。本当は自転車に乗りたかった…