太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

ノマドライフ

靴下の洗濯を減らすためのマジックテープスポーツサンダル

「通勤」中の靴 歩き慣れた道すがらに音楽を聴いたり、Podcastを聴いたり、時々SNSを眺めたり。これまでの自分の人生の5%ぐらいは徒歩で構成されてきたので、無くしてしまうと調子が狂う。今となっては会社まで朝晩2往復の通勤をしている。 そんな訳で毎日徒…

自宅から会社経由で自宅に徒歩通勤するゾンビ

やっぱり自宅トレはしんどい そもそもアニメダイエットの始祖は踏み台昇降運動である。踏み台昇降であれば最低限の道具を用意するだけだし、騒音やながら作業の危険性もあまりない。あつまれ!どうぶつの森をやるチャンスでもある。 ながら踏み台昇降をして…

なぜ居候は三杯目をそっと出すのかの禁忌と小さな茶碗でおかわりする生活

食器洗いを簡単に小さな茶碗を使う いくら自炊をしていると言っても、基本的な献立はご飯、味噌汁、おかず、漬物ぐらいのもので大抵はシェラカップ2つと深皿があればまかなえる。カレー・雑炊・丼物であれば深皿ひとつだけだ。 食器を洗う量を減らせば食洗機…

べランド(造語)という変態行為がお洒落なベランピングに変わる時代

お題「#おうち時間」 せっかくの休みなのにアウトドアに出かけることができなくなってきたというのもあって、最近はベランダでアウトドア気分を楽しむベランピングを積極的にするようになってきている。もともとキャンプ椅子を出して涼むぐらいはあったが、…

いま最も熱いアナログゲームのブッシュクラフト火おこしで文明開花

火がつけられなくて原始人に負けた気分 当日は快晴。バーベキューグリルの購入からスタートだったのだけど、どの範囲までなら怒られないかの見極めが難しい。イメージからしたら牧場とかにある 80 cm ぐらいのステレンス台を買いたくもなるが、それだけの炭…

河川敷に設営したワンポールテントでひきこもり読書

また河川敷に向かう ここ10年単位で冬から春への季節の変わり目で高熱を伴う風邪を引いたり、花粉やPM2.5などの大気汚染でアレルギー性鼻炎になる事が定番化していたのだけど、今年はそういう気配があまりない。 今年は症状が軽かったとは言え、花粉症の時期…

アルペンアウトドアーズフラッグシップストアでゆるキャン妄想

アルペンアウトドアーズの総本山 キャンプ熱が高まっているなか、 Youtube などを参考にグッズを眺めているのだけど良いものはそれなりの値段がするし、どうにも実際的なサイズ感や使い心地が分からないまだったりもする。 車移動を前提にするなら荷物の大き…

人の家のベランダで肉とあんまんを焼いた日

人の家のベランダで肉が焼きたい へやキャンと言っても物語内では「部屋でキャンプ」する訳もないのだけど、自分自身が家の中でキャンプ生活をする狂った日々を思い出した。スキマ風が多くて暖房が壊れた家賃4万円の部屋では冬山登山用の寝袋が必要だったし…

冷えた鮭おにぎりが美味いのに外でメスティン炊飯する儀式性

飯盒炊飯をしたくなる バーナーで沸かしたお湯でコーヒー。バーナーが使える場所は限られるから、いつでもどこでもというわけにはいかないけれど、コンビニのホットコーヒーでも問題はない。自動販売機で熱湯を販売してくれればよいのにと常々思う。 そんな…

チェアリングリュックでいつでもどこでも漫画喫茶

チェアリングリュックという正解 気軽なデイキャンプをしようと河川敷や火気が使える公園に行く機会が増えたのだけど、チェア一体型のリュックが便利。チェアリングと呼ばれる野外に椅子を設置して飲酒や読書を楽しむ活動が捗る。この文章も外で書いている。…

おこだわりのベランダ野宿と「安・近・短」の悦楽

photo by namtaf その「おこだわり」、オレにもくれよ!! 赤羽の変な人々を描いたフェイクドキュメンタリー『山田孝之の東京都北区赤羽』の原作となった『東京都北区赤羽』の作者である清野とおるの描いたインタビュー漫画が面白かった。相変わらず変な人々の…

永遠の異邦人としての文化的多重人格者

7月になった もう7月。1月から数えて半年。4月から数えて3ヶ月。そんな意味のない感嘆符を吐く既視感を覚えるたびに「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」という芭蕉の句を思い起こす。デイトはパーペチュアル・トラベラー、カムしてゴーするイヤ…

イケダハヤト氏みたいに「物理的移動権力」以外にも売れる物や商流がある人を羨ましく思う

photo by Sheep"R"Us イケダハヤトが羨ましい イケダハヤト氏が『イケダハヤトは高知県に移住します。ブログタイトルを変えました→ : まだ東京で消耗してるの?』で高知県への移住を表明していた。色々な意見があると思うのだけど「注目を得る」「議論を呼ぶ…

大部屋にポータブル機器を持ち込んでネタ動画を共有するのって、ホームパーティにケーキを持っていくのと同じなのかも

photo by Nick Kenrick . ポータブルと大部屋 機器のポータブル化と場の大部屋化の組み合わせが自分の中で当たり前になってきている。iPhoneやMacbook Airや3DSなどによる「いつでも」「どこでも」によるポータブル化と、シェアハウスやコインスペース、パブ…

渋谷で夜を明かす時って漫画喫茶以外の方法もないのかな

photo by Julie70 終電を逃した 昨夜の呑み会ではまた終電を逃してメディアカフェポパイに泊まることになった。昨年末に泊まったマンボーよりも時間が短くて、値段が高くて、狭い。渋谷センター街価格ということか。入るまで値段が分からないし、別に探すの…

寒いから家の中でも寝袋で寝てるけど、これって家の中でiPhoneを使うのに似てるよね

photo by airFreshingすっかり寒くなりました 11月の連休を越えてすっかり寒くなった。秋風を感じないままに冬になってしまった気分。暖房が壊れているらしい我が家では暖房をかけたところでちっとも暖かくならないので「寝たら死ぬぞ!」という日々を過ごし…

MacBook Airを抱えて色々な所でドヤリングしてきた

暑かったのでドヤリングしてきた。ドヤッ! 昨日の東京の最高気温は38.3度、最低気温さえ30.9度あって部屋がサウナのようになってしまいました。これはたまらんと新型のMacBook Air 11インチを抱えてドヤリングをしてきたのでシェア(ドヤッ!)。思わずアイス…

「いつでも・どこでも」働けるなら「いま・ここ」で生活できなくても良い?

下がり過ぎた単価と自己の再生産コスト 『クラウドソーシングで単価が下がっているフリーランスが大量にフィリピンに移住する未来 | 大石哲之ブログ』は「日本人がフィリピンで暮らして日本人向けの仕事をする」のは、下がり過ぎた売上単価に対応するために…

1泊1400円のドヤでノマド生活するノマドヤ・ワーキング・マニュアル

ノマドヤ暮らしのススメ 大阪にいたころにドヤ暮らしをしていたことがある。ドヤとは3畳一間の和室からなる簡易宿所であり、非日常空間における最低限のサービスと最底辺の料金が魅力のリゾート施設。抜けたくても抜けられないぐらいの長期滞在が可能である…