太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

こじらせおじさん

車中泊の絶メシロードに憧れるけど車を持つビジョンが浮かばない

絶メシロードの始まり これまで「サ道」や「ひとりキャンプで食って寝る」など金曜の夜に相応しいドラマ25枠の新番組として、「絶メシロード」が始まった。うだつの上がらないサラリーマンが週末に地方にある絶滅しそうな絶品グルメを車中泊を駆使して味わう…

健康になるための運動で腰をやってしまうおじさん

腰が痛い 一昨日あたりからどうにも腰が痛い。スクワットの失敗かもしれないし、リクライニングに寝転がったせいかもしれないし、寒くなったからかもしれない。 一番の心当たりはフィットボクシングのダッキングやウェービングである。本来的には膝を曲げる…

陸サーファーの亜種としての部屋キャンパーにディペイズマンを感じる

へやキャン△ ツナ缶のなぞ発売日: 2020/01/10メディア: Prime Video ドラマ版の『ゆるキャン△』に連動してか、『へやキャン△』のショートアニメも放映されるようになった。野外活動サークルの部室やキャンプ外の活動に目を向けた外伝でほっこりできる小ネタ…

ゆるくキャンプしたい気持ちの9割はバーベキューへの復讐心

ゆるキャンしたい ここの所で引きこもり生活をしていたからか、その反動で外に出たい気持ちが高まっている。安定の電車旅行も良いし、久々の登山も捨てがたいが、ゆるくキャンプをしてみたい。 ソロキャンに行ってニクナシニクイリニクカレーを作るだけの動…

100万円は生活にとって無力だからこそ一度に使ってみたい

100万円が1000人に 件の人をブロックしていたので気付くのが遅れたのだけど、100万円をばらまく企画がまたやっていたそうだ。無作為にもらえるのであれば楽しいのかもしれないけれど、欲しい理由を公開して気に入られる必要があるというプロセスが人間の尊厳…

忘年会スルーは全てがライトパパ活した世界における「お手当が足りない」

忘年会スルー問題のおじさんサイド 今年は仕事関連の忘年会への参加や企画する機会が例年に比べて少なく、それを埋めるかようにインターネット界隈の忘年会に参加していた。「忘年会スルー」という言葉が流行っていたが、仕事関連の飲み会をスルーしたいのは…

旅行先で聞く「地元おすすめ」のコスパ訴求は難しい

遠征先での「この値段にしては良い」問題 旅行をしたり、友人宅に遠征した際に、せっかくであれば地元おすすめの店に行きたくなるのだけど、B級グルメであれ、居酒屋であれ、サウナであれ、地元民からのおすすめには「この値段にしては良い」という視点も絡…

朝ビールは良いけどウィスキーや焼酎はダメだと思うアル中の倫理感

寂しい朝にはアルコールが飲みたくなる 婚活を無期限休止して、学生時代や新卒時代の友人達と疎遠になって、仕事の疲れを自覚していると予定のない週末を迎え入れることになる。映画を観たり、本を読んだり、小旅行をしてみたりという程度の充実はあるが、つ…

雨音をツマミに酒を呑むのが好き

雨音を聴きながらサウナ 台風が近づいているからか、強めの雨が降っていた。雨が降っているに出かけるともなれば憂鬱なりがちなのだけど、サウナ施設においては暑くても寒くても晴れても雨が降っていても熱いサウナに入れる。 近代建築は気候の恒常性を手に…

恋愛ライセンスの自主返納と過程飛ばしの欲望

気づいたら歳をとっていた なにかの理由があったわけでもないのだけど、ずいぶんと久しぶりの更新となった。家と仕事場と酒場とスポーツジムを往復しているうちに日々があっという過ぎていく。 気づいたら歳をとっていた。鏡に映る疲れた顔や後退しつつある…

アトラクタフィールドとコンフォート・ゾーンに阻まれて全てが元通りになってしまうのに加齢だけは続く

いつからループが始まっていたのだろう 加齢を重ねて中年と呼べる年齢になってしまったのだけど、仕事も恋愛も生活様式も大きくは変わらないまま。相変わらずの仕事をして、独身で、ファストファッションに身を包んでいる。 実際問題として、25歳ぐらいから…

若い人は「サブカル好きです」を「オタクです」の代わりに使うらしい

サブカル好きです 呑み会などでたまたま席が近かった若い人と話した時に「サブカル好きです」という自己紹介をされてビックリすることがある。具体的な話を聞いていくと特定の音楽ジャンルとか演劇とか映画とかに細分化されるのだけど、じゃあ最初からそれを…

昔読んでた本の著者がTwitterで醜態を晒し始めた時の寂しさ

Twitterで狂う元有名作家 Twitterが開設されて以来、定期的に出会わすのが昔読んでた本の著者がTwitterで醜態を晒し始めること。ここ最近の出来事というよりも、当初からの問題であると認識している。タカシ会とかあったよね。 差別的な暴言や空虚な自慢や無…

書き手の認知のゆがんだエッセイとして読む情報商材が楽しい

Kindle Unlimited に紛れ込んでくる情報商材 Kindle Unlimited の本を読んでいっているのだけど、その中には情報商材のような電子書籍が紛れ込んでくる。殆んどの場合は表紙の感じから分かるからスルーしてもよいのだけど時々読みたくなる。 以前からやって…

2018年は色々なことを縮めながら健康で文化的に過ごしたい

今週のお題「2018年の抱負」 正月三箇日も終わって出勤モード。「今年度」という観点では追い込みだし、「今年」という観点では最初。なんにせよ2018年の抱負を決めておきたい。 結論から言えば、今年も「健康で文化的に過ごしたい」という話になるのだけど…

同窓会から逃げない非モテはかっこよくない小金があるおじさんに収束する

非モテ同窓会に参加してきた 少し前に非モテ同窓会のようなものがあった。「非モテ」をテーマにした同人誌『クリルタイ』のメンバーが集まる会だ。非モテ論壇が華やかだった当時の自分は一介の読者に過ぎなかったのだけど、関わっていくうちにサークル末期の…

自分がモブおじさんであることを受け入れた36歳の誕生日

おじさんであることを受け入れた 2017年10月10日で36歳となる。銭湯の日。どこからどうみてもアラフォーである。もう言い訳のしようがない。 実際問題として、25歳ぐらいから生活スタイルがそれほど変わっていない焦りのようなものはある。結婚もしていない…

他人のダブルスタンダードを叩きながら自身の行動を記録できるのは叩かれる価値すら発生しないという楽観に支えられている

ダブルスタンダード批判 宮崎元議員の不倫をボコボコに批判しておいて、自分も不倫に突っ走っていた。そして幹事長内定前の身体検査に「大丈夫です」と言ってしまっていた。そりゃダメですよお姉さん。 この話はすごく分かるんだけど、自分がダブルスタンダ…

30過ぎても「学生さん?」と聞かれるネオテニーと育ボスブートキャンプ

30過ぎても訪問販売に「学生さん?」と聞かれる ここ最近はすくなくなったのだけど、30歳過ぎまで住んでいた家賃4万円のボロアパートには訪問販売の営業がひっきりなしにきていた。基本的には居留守を使うのだけど、宅配を待っていたり、通信や水道の管理業…

イケアの空、ミサイルの夏

終末感の日常化 北朝鮮のミサイルが発射されたと寝起きのTwitterで知る。Jアラートは鳴っていない。日経先物と為替を確認して本日の下落に憂鬱となる。なにも権利落ち日を狙わなくても。ミサイルのインサイダー情報で儲ける北朝鮮工作員がいるという話の信憑…

キモくて健康で文化的な最低限度のおじさんの余生

加齢臭と枕カバー ここのところ健康への意識が高まっている。酒を飲まず、野菜を食べて、毎日歩いて、早寝早起き、湯船につかる。年齢を重ねて無茶ができなくなったのもあるのだけど、ひとつのキッカケは加齢臭。ベタに言えば枕カバーが臭くなりやすいのだ。…

もうニートにすらなれない確率収束とギークハウスのノンフィクション

ザ・ノンフィクションを観た フジテレビの『ザ・ノンフィクション』でギークハウス界隈のドキュメントをみた。登場人物の一部とは何回か顔を合わせたことはあるけど、モブキャラでしかない僕は相手から認知されていない程度の距離感であろう。文学フリマや早…

オタクになれないコンプレックス

自分の知らない世界 ここのところで、ブログを書く習慣がなくなってしまったのだけど、なにをしていたか。以前までは「仕事をしていた」という言い訳もあったのだけど、ここ最近の仕事量は落ち着いているし、働き方改革の影響もあってか早めに帰ったり、有給…

2017年中には「あ」行ではじまる蔵書を全て読了したい

今週のお題「2017年にやりたいこと」 2017年の目標を考える。ゆるゆるに設定していた2016年の目標はあまりうまくいかなかったので、行動指針のようなものは決めておきたい。 読書

「老害になりたくない」という自らへの呪いを解呪したい35歳の誕生日

アラフォーになってしまった 2016年10月10日で35歳となる。何も成せずにアラフォーだ。死にたい。「若手」として括られる時代が長かったので、ついつい勘違いしそうになるけど、とっくに老害側にいる。比較的絡みの多い86世代だって5歳下だという現実。 34歳…

君の顔はのっぺらぼうで、どの目玉で僕を見つめてくれるんだろう

のっぺらぼうの君はだれなんだ? 性的妄想に出てくるのっぺらぼうの君は誰なんだ? と思うことがある。片想いをしていようが、アイドルのファンになっていようが、恋人がいようが、未練があろうが想像のなかに出てくる顔は時期ごとに大体決まっていたのだけ…

怠惰な生活が最低の祈りである

逆婚活健康法 久々に自分のなかがワーッとなっていたのだけど平静を取り戻しつつある。もっと浸り続けたい願うことすら、今の自分には贅沢なのだ。とはいえ、欠落感のようなものを埋めるために出張っていても後悔をするだけなので、家からでないようにしたい…

今回も「てかげん」に生かされる楽観の揺らぎ

photo by Www.CourtneyCarmody.com/ 今回も「てかげん」に生かされる楽観 季節が冬から春に変わりそうになると必ず高熱の伴った風邪をひく。インフルエンザの検査をして陰性になる。これまでもインフルエンザの予防接種をしたことがないし、なったこともない…

SQLおじさんを宿した人工知能がほしい

photo by R~P~M ポンコツロボッチ 朝おきて、コーヒー淹れて、シャワーをあびて出社。退勤するのは22時以降、残りは晩酌しながら本を読んだり、報告書作成などをしながら寝落ち。そういう生活を繰り返しているとあっという間に月日が流れる。 しょうがねえな…

小銭と功名心に書き手の側が最適化された文章への嘔吐感と不安感

photo by @Doug88888 小銭と功名心に書き手の側が最適化された文章への嘔吐感 どうにも僕の中で小銭と功名心にコントロールされた文章への許容限界を超えてしまったような気がする。以前から「カネ臭いブログ」が話題になっていたし、最初からそこを目指す人…