太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

Mac 版 Twitter クライアントが停止して在宅 Twitter が消えた

Twitter

Mac 版の Twitter 公式クライアントが停止

 予告されていた Mac 版の Twitter 公式クライアント停止が実施された。

 認証が切れてしまって何も見られないし、投稿できない状態。非公式アプリや Web 版を使えばよいのだけど、そこまでのモチベーションは沸かず。

 外に居る時なら iPhone 版のアプリがあるけど休日に家にいるシチュエーションでの利用モチベーションはぐっとさがった。今後は自動連携が中心にになるのだろう。

アプリによって規定される行動

 思えば Twitter の長期利用はアプリによって成り立っていた。その辺りが mixi 時代とは決定的に異なっていたのだと思う。とりあえず自動起動されたアプリが常駐しているからこそ日々タイムラインを眺めたり、愚にもつかない発言をしたりという習慣ができていたし、アンビエントな存在になっていた。

 だけど、能動的な Web アクセスが必要になってしまったら敢えてブックマークから表示する気はあまり起きない。その辺りは Slack も似ていて、Slack アプリが自動起動して常駐しているからアクティビティが重ねられていく状況があるのだろう。常駐アプリによって規定される行動。

 もう少し待てばリニューアルされた Mac 版のクライアントが出てくるのかもしれないけれど、ひとまず在宅状態での Twitter が消えてしまう状況にあることは確定的になった。Facebook とかもわざわざブラウザで開くモチベーションがなくて、「あ、これ別になくていいや」ってなってしまったのだけど、Web 版の提供だけでは深く入り込むのは難しいのかもしれないと思ったりした。