太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

糖質制限ダイエットのために博多満月の食べ放題500円ランチに通う

f:id:bulldra:20150515081437j:plain

500円でカレーまで食べ放題!?

 おかず一品+ごはん・味噌汁・卵・漬物・ふりかけが食べ放題で500円というさくら水産の狂ったランチが有名なのだけど、繁華街のさくら水産は昼時に行列になってしまう事が多い。

 それで別のお店を開拓していたのだけど、博多満月のランチがすごいことになっていると気がついた。

f:id:bulldra:20150515082600j:plain

 さくら水産と同じように、おかず一品+サイドメニュー食べ放題であるが、カレーやうどんや惣菜まで食べ放題なのがアツい。ただし卵は50円。

メインおかずも普通に美味い

 店内はお洒落でやや混み。メインおかずの注文をすると、食べ放題メニューを好きにとってきてよくなる朝食バイキング方式なので、ご飯やカレーで即座にお腹を満たせる。

f:id:bulldra:20150515081440j:plain

 メインおかずの鶏南蛮も普通に美味った。

f:id:bulldra:20150515081438j:plain

 せっかくなのでカレーを取ってきたが、カレーに合わせるなら唐揚げがよいかも。塩っぱめのカレーでご飯が進むのでカレーランチにも出来る。

マカロニサラダの食べ放題が神

f:id:bulldra:20150515081441j:plain

 二周目。マカロニサラダが食べ放題だったのが嬉しい。やきとん屋だとマカロニサラダだけで480円と言われてもおかしくないレベル。日替わり惣菜なので毎回あるわけじゃないんだろうけど。

 味噌汁用のわかめを中華サラダにかけて食物繊維を補給する。カレーうどんも可能だ。ランチバイキングの真髄は「食べ放題」だけでなく「メニューの組み立ての自由」にこそ価値がある。

糖質制限のための仕組みが整っている

 ご飯もセルフなので、その気になれば大量のサラダと魚で低糖質ダイエットも可能だ。普通の飲食店で定食を頼むとごはんがついてくるし、出されたものは残したくないので、ついつい食べてしまうのだけど「ごはんを持ってこない」なら出来る。

 今回のメインおかずには「もつ煮込み」を選択。油と糖質が控えめで野菜多め。根菜には糖質があるけど食物繊維やベータカロチンが豊富。塩分や糖分の観点から煮汁をきってから食べる。

f:id:bulldra:20150627114510j:plain

 豆もやしのキムチやキュウリのしば漬の糖質ほぼなしだけど、あんまり食べるとしょっぱいので、味噌汁用の無調味わかめで調整。海藻はカロリーも少ないし、塩分の排出にもやくだつ。マカロニサラダは糖質が多いけど少量を主食代わり。個人的な好物だというのもある。

 なんてことをかんがえると「食べ放題」だからこそ、お仕着せのバランスではない特殊メニューが実現できるんだなと。そんなわけで、糖質制限ダイエットのためにこそ博多満月の食べ放題500円ランチに通うという逆説が成立する……のかな。