太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

システムインテグレーターを退職してドヤ街でワーキングホリデー

f:id:bulldra:20150226222641p:plain

11年間勤めたSIer業界を卒業します

 私事ですが、これまで勤めてきた会社の最終出社日を迎えました。厳密には退職手続きや客先挨拶などを残していますが、社会人生活11年目にして初の「有給消化」です。個別具体的な退職理由を書いても仕方ありませんが、ポジティブな要因とネガティブな要因は半々ぐらいでしょうか。比較的いい会社だったと思います。

 僻地に物理的な拘束をされる機会が増えた事がきっかけで、時間や場所にしばられないインターネット上の活動に第二の軸足を置くようになったのは怪我の功名ですね。あのまま異業種勉強会などに流され続けていたのか、もう少しだけ別の未来がありえたのかについてまでは分かりませんけれど。

次の職場について

 今後の職場については今のところ未定です。SIerであれば一次面談の免除やそれなりの年俸を提示されたりもしているのだけど、現在のところは異なる業務にチャレンジしたいという想いのが強いです。

 とはいえ、Web系企業だと書類選考すら通過しないのが現実ですね。「紹介しますよ」って流れからでもあっさり落ちます。一般企業への転職活動において日常雑感系ブログがバレているのは百害あって一里塚ですし、ソーシャルネットに夢を見るためには若さや可愛げが必要です。まだ次が決まってないのに辞めた事を驚かれましたが、それが普通の感覚なのでしょう。

 『レールの外ってこんな景色: 若手ブロガーから見える新しい生き方』と書きながらの転職活動に対して「まだレールの上で消耗しているの?」という声も聞こえてきそうですが、「軸足が必要」という主張は一貫しているつもりです。正社員への拘わりは少ないのですが、定常的な新規開拓営業をしないでも食える状態が作れなければ、それだけで消耗してしまう気がします。

ノマドヤ2.0を実践したい

 せっかくの長期休暇なので第二の故郷たるドヤ街などを漂流しながら働く事にしました。もちろん「永住」するつもりはなくて、お洒落に言えばワーキングホリデーなのですが、これを機会に初心に戻りたいです。ありがたい事にライティングのお仕事をいくつか頂いてますし、『クラウドワークス』などから受託していけば「ノマドヤ 2.0」ができそうです。

 「ブログ飯?」と聞かれる事もあるのですが、そもそも零細ですしGoogleからのペナルティがあるから絶望的ですね。別サイトを立ちあげようと動いていた件についてもリソース不足やノウハウ不足を実感して申し訳ない感じになっています。時間的な余裕があるうちに圧倒的進捗を試みたいとは思っているのですが、好き勝手にどうでも良い事を書ける場所を壊したくないんですよね。

 そんなわけで、しばらくは「文化的雪かき」をしながら、今更ながらの自分探しに向き合っていきたいです。基本的に暇ですし、お仕事のご依頼や遊んでくれる人などを募集中ですので、bulldra@gmail.com までよろしくお願いします。

他人は教えてくれない 会社を辞めるときの手続きガイド

他人は教えてくれない 会社を辞めるときの手続きガイド