太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

大手町「港屋2」〜行列なし! 蕎麦界の二郎が旅館の裏口にひっそりと開店

f:id:bulldra:20170821073035j:plain

蕎麦界の二郎がひっそりとオープン

 そば処港屋といえば、甘辛く煮付けられた肉と辣油のきいた汁で食べるカタメの蕎麦。蕎麦の二郎とも言われる虎ノ門の人気店である。普通にたべれば1時間の行列が必至と言われており、数々のインスパイア店も開店している。

f:id:bulldra:20170821072429j:plain

 そんなそば処港屋なのだけど、星野リゾートが運営する星のや東京の裏手に港屋2としてひっそりと開店している。

f:id:bulldra:20170821072412j:plain

 ぱっと見では裏口の喫煙所にしか見えない隠れ家。昼時でも行列なし。

f:id:bulldra:20170821072408j:plain

 バーのような看板。中に入るとシックな店内でこれまたバーの雰囲気。

しっかりと港屋

f:id:bulldra:20170821075050j:plain

 メニューは1000円の冷やしつけ蕎麦のみ。券売機で購入。

f:id:bulldra:20170821074853j:plain

 たっぷりの具材が食欲を掻き立てる。牛丼っぽさもある。

f:id:bulldra:20170821074857j:plain

 蕎麦つゆには具材が入らず辣油がアクセント。

f:id:bulldra:20170821074901j:plain

 肉と蕎麦をからめてすすり込むと甘辛でガツンとした味わい。蕎麦はボソボソといってもよいぐらいの固さで好みが分かれそうだけど、つゆや具材に負けないためには必要なのかもしれない。

味変で最後まで飽きずに食べられる

f:id:bulldra:20170821074849j:plain

 天かす追加すると食感に変化がついてまた面白い。

f:id:bulldra:20170821074904j:plain

 生卵を投入するとつゆがマイルドに。肉もあいまってすき焼きやプルコギの雰囲気。すごい量があるけど具材の投入で味が変化するから飽きさせない。

港屋という食べ物

f:id:bulldra:20170821080446j:plain

 蕎麦湯を入れて飲むと、つけ麺のスープ割りに近い。これは本当に蕎麦なのか?とも思うけれど、港屋という食べ物だと思えばよいのかもしれない。「二郎はラーメンではなく二郎という食べ物である」という言葉があるけど、その感覚。

 なんにせよ、そば処港屋が旅館の裏口にひっそりと運営されていてるのが大人の秘密基地のようで面白い。たいめいけんのラーメンコーナーとか、肉の万世の地下ラーメン屋などの隠れ家があるのだけど、港屋2もちょっと似ている。ちょっとした優越感も料理のスパイスとなる。