太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

自意識

はてな女子からの恋愛バトンに答えてみた

はてなで恋愛バトン なんか巷で噂のバトンが id:yu-rin-chi さんから回ってきたのでやりまぁーすw Q1.いきなり回す人を3~5名 。 Twitter等で比較的絡む機会が多い&(既婚っぽくない)はてな女子に回します。バトンは強制ではありませんので気が向いた…

自分の婚活戦闘力が分かれば、もう高望みしなくてすむのかもしれない

なんで、平日デートすぐ死んでしまうん? 平日まともな時刻に退勤できない日々が続いているのだけど、それによる機会損失が大きい。妙齢の女性を紹介してもらえたり、合同コンパや街コンなどへのお誘いを受ける機会もあるのだけど、基本的には平日の19:00〜…

恋愛は相手の要求をアクティブスキルで突破する苦行ではないのです。閣下

photo by Thomas Hawk 閣下と吸血鬼の婚活シリーズ 閣下と呼ばれる高圧的な女性と吸血鬼を自称する男性の書き手のお見合い体験記が面白い。すでにかなり続いていたようなのだけど、見つけられた中での最古は3ヶ月目。もう1個前がありそうなのよね。 閣下:見…

ワケありアラサー女子との擦れた恋愛妄想リアリティとリアルの乖離

photo by 08dreizehn ワケありアラサー女子との擦れた恋愛妄想リアリティ ここのところで妙に出会い系アプリのターゲティング広告に追尾されているのだけど、自分自身のことを考えると流石にちゃんと妄想できなくなってくる。なーにが趣味が会うから楽しいね…

独占的コミュニケーションのために深掘りされた趣味が醒めるとき

独占的コミュニケーションのために深掘りされた趣味 連休中には温泉旅行や映画館などを考えていたが結句、リストの『巡礼の年』などを聴きながら実家でぼんやりとしている。ある種の敗走行為なのかもしれないし、そうではないのかもしれない。 独りになると…

独りが辛くなるのは時間が育ててくれるものがなくなったと気づいた時

photo by David Vega Fotografia 蓄積をしていかない人生 4月中は仕事が破滅的に忙しい上に、気力が奪われるようなことが続いて何もする気が起きなかった。その一方でいろいろな事を受け入れられたし、かさぶたも固まってきた。要は3年前ぐらいの状況に戻っ…

雨降りの朝に差がつく「狩猟型」と「貯蔵型」のコミュニケーション

photo by Sean MacEntee 雨を理由に布団から出ない日が好き 久々の晴れた週末。部屋片付けて、洗濯して、洗い物した。生きてる。天気が良いと旅行や酒場にでかけたくなることもあるけれど、月曜日がもっと辛くなる逃避行動をしていても仕方がない。 雨降りの…

ゆたんぽキャット猫まるの温かさを抱いて生きていく

コタツが欲しかったのだけど もうすぐ春になるというのに、どうにも肌寒くてコタツがほしくなっていたのだけど、部屋が狭いので躊躇していた。思えば実家では猫を抱いて過ごしていた。猫の体温は人間にとって心地よくできている。猫がコタツで丸くなっている…

怠惰な生活が最低の祈りである

逆婚活健康法 久々に自分のなかがワーッとなっていたのだけど平静を取り戻しつつある。もっと浸り続けたい願うことすら、今の自分には贅沢なのだ。とはいえ、欠落感のようなものを埋めるために出張っていても後悔をするだけなので、家からでないようにしたい…

#婚活市場で珍獣枠として観察されるの私だ

photo by WenWei Sum 魂活してこう 色々あった数年間が終わり、残ったのは自分の身ひとつ。生きる。死ぬ。繰り返す。二十歳のころみたいに「強くてニューゲーム」ができれば良いのだけど、ループを繰り返すたびに弱くなっていくゲーム的リアリズム。あとは老…

スーパーで3割引きになっている刺身で独り宅飲み

週末ひとり酒のハードルが高い ハードな毎日が終わって三連休を迎える週末。恵比寿のオシャレなバルや割烹料理屋などに行きたい気分だったのだけど、適度に人が入っていて、かつ一人客を受け入れてくれそうな店が見つけられず。 カップルばかりの店も、ウェ…

今回も「てかげん」に生かされる楽観の揺らぎ

photo by Www.CourtneyCarmody.com/ 今回も「てかげん」に生かされる楽観 季節が冬から春に変わりそうになると必ず高熱の伴った風邪をひく。インフルエンザの検査をして陰性になる。これまでもインフルエンザの予防接種をしたことがないし、なったこともない…

SQLおじさんを宿した人工知能がほしい

photo by R~P~M ポンコツロボッチ 朝おきて、コーヒー淹れて、シャワーをあびて出社。退勤するのは22時以降、残りは晩酌しながら本を読んだり、報告書作成などをしながら寝落ち。そういう生活を繰り返しているとあっという間に月日が流れる。 しょうがねえな…

小銭と功名心に書き手の側が最適化された文章への嘔吐感と不安感

photo by @Doug88888 小銭と功名心に書き手の側が最適化された文章への嘔吐感 どうにも僕の中で小銭と功名心にコントロールされた文章への許容限界を超えてしまったような気がする。以前から「カネ臭いブログ」が話題になっていたし、最初からそこを目指す人…

わざわざ防御体勢でナンパ師に会いにいく人はセルフポコタテなの?

photo by Antonio Cinotti  実録ナンパ師対決ものコラム 最近よく見かけるのが、わざわざ恋愛工学徒とかナンパ師に会いにいって、食事をおごってもらいつつ、こんなダサい口説かれ方をしたとレポするパターン。文章としての下世話な需要があるのは分かるし…

「平凡な私になぜかベタ惚れ」妄想は自分を変えずに他人を変える試み

平凡な自分になぜかベタ惚れしてチヤホヤしてくれる人 男性向け漫画と女性向け漫画をかなりの数読んできた私が至った結論としては、男女とも理想のタイプは「平凡な自分になぜかベタ惚れしてチヤホヤしてくれる人」であってそこにジェンダー差はない— スドー…

世界がいかにあるかは完全にどうでもよいことでしかない

photo by “Caveman Chuck” Coker 今週のお題「私の流行語大賞」 色々なことへの現実感が失われてきているような気もすれば、そうでない気もする。やるべきことは沢山あるけど、本当に自分がやる必要があるのは曖昧なまま、ただタスクばかりが積み上がってい…

10年来のネット自虐に疲れたから仕事とお金と愛の匂いをさせたい

photo by Daveography.ca 社畜非モテ貧乏キャラの行き着く先 ネット上のキャラとして社畜非モテ貧乏という設定を10年近く続けていると、自虐するのが当たり前のお作法になってしまうのが厳しい。現実問題として有能じゃないし、モテないし、お金持ちでもない…

「悪意はなかった」という免罪は自身の無能を明らかにする

photo by alandberning 進捗ダメです! どうにも平日が忙しくて、週末に溜まっていたタスクを一気に消化するというサイクルになっているのだけど、昨日は体調が優れなくて、ずっと寝ていた。晩飯を食べに居酒屋にいったら酒を呑んでしまい。また寝る。あっと…

ITバブルと寝たかったおじさん

photo by ecstaticist 今週のお題「行ってみたい時代」 僕自身はポスト・ロスジェネと言われている世代。高校時代は「キレる17歳」による少年犯罪がしきり放送され、不景気・就職氷河期・ニート・派遣切りなどの流れの先鞭になってきたと思う。いまとなって…

「鈍感になっていく」ことを「成長」と呼べるのかを考える34歳の誕生日

photo by chidorian 今週のお題「私のテーマソング」 HappyBirthday HappyBirthday おめでとう 自分 食事するコトすらも忘れる程に これは生まれて以来の大革命 新陳代謝をくりかえしながら毎日常に生まれ変わる 意味無い不安に悩むコトも無い新しいボクに H…

Googleの自動ペナルティ解除で消えゆく災害ユートピア的モチベーション

photo by WilliamMarlow Googleからの自動ペナルティが解除されてしまった このブログはある時期からGoogleの自動ペナルティの対象になって、検索流入が全く期待できないという状態にあったのだけど、その前提でも読んでもらえるような記事を書いたり、SEOや…

「正解を探す」のではなく「正解にする」ためのポジショントークをしたい

photo by garlandcannon まだ「正解」に消耗しているの? たくさんの人の、とても多くの時間が、「正解」を探すことに費やされているように思えます。遠慮なく言えば、「正解」探しばかりで人生終っちゃう人ばかりじゃない? こういう女性に、こんな出合いを…

ベホマを唱える前のダメージが大きいほうがコスパがよい問題

photo by Hotel Arthur Helsinki 我慢してから一気に癒やしたくなる病気 ここ数日は完全にデジタルにまみれていて、肩がこったり、変な興奮状態にあった。 夏季休暇で手持ち無沙汰になったら延々とタイピングをしていて怖くなった。ここのブログも1日で7回目…

僕はハイパーグラフィア(書き続ける病気)という厨二病設定が欲しかった

photo by DeaPeaJay ハイパーグラフィアなのかもしれない ここ数週間はけっこう忙しくて、あんまり文章を書けていなかったのだけど、夏季休暇で手持ち無沙汰になったら延々とタイピングをしていて怖くなった。ここのブログも1日で7回目の更新。どれも数千文…

絶対に嬉しいと思ってはいけない24時が「学習性無力感」を引き起こす

photo by geoffroy demarquet 褒め言葉を絶対に嬉しいと思ってはいけない24時 「嬉しかった言葉」というお題があった。とっくに期限切れになっていたのだけど書きたい。実のところで他人の言葉によって「嬉しい」だとか「悲しい」という感情を抱く事があまり…

夏祭りの日中は歩きストロングゼロで脳みそ縛りの徘徊をする

カーニヴァルの日 今日は各地でお祭りらしく、街を歩いていたら浴衣姿のリア充カップルが闊歩していたり、祭りのアナウンスや露店などが目立っていた。未だに水につけた缶ビールが500円とか、馬鹿なの死ぬの? 近くにコンビニがあって、プレミアムビールです…

寓話に従って釣り道具を無理やり渡す側もまた思考停止である

photo by [Duncan] 私の問題は私の手で解決する必要がある 内田樹が『若者よ、マルクスを読もう 20歳代の模索と情熱 (角川ソフィア文庫)』で書いていた「マルクスは私の問題を解決してくれないが、私の問題は私の手で解決する必要があると教えてくれる」と…

久々に足を踏み入れた実家の四畳半書斎はRPGの「宿屋」みたいだった

photo by Len Radin 久々に四畳半書斎で過ごす 今週末は特に予定もないし、インターネットも制限されているので実家に帰還した。ゴールデンウィーク以来かな。今年の3月まで引きこもっていた四畳半書斎も健在である。本もまだ結構残っているし、インターネッ…

僅かな事実を証拠金に陶酔のレバレッジをかける感情のFX口座を開設する

photo by Images_of_Money 陶酔力がないから強い刺激が必要になる 僕自身のなかに本質的な意味での「陶酔力」がないから強い刺激が必要になってしまうというか、破滅的なところにしか生まれない刺激を求めてしまいがちであった。だけど最近はリスクジャンキ…