太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

自意識

被害妄想回路がくっついちゃった相手との内心の忖度エスパー対決

ハンロンの法則 なんらかの行動によって不愉快にさせられた事象には「ハンロンの法則」が適用できて、つまり大抵の不愉快な事象について相手が明白な悪意を持ってやっているのは稀であり、ただ空気が読めなかったり、無能だということのが多い。ローカルルー…

褒め合う友達が数人いたら強くなれるネット環境ではポジティブ五人組制度が生まれやすい

photo by Lel4nd プレイヤーを五人集めればステージに立てる 深夜のテンションで少しネガティブなことを書く。ここ1年ぐらいのインターネット界隈において「ポジティブ五人組制度」とでもいうべきものができているように感じる。つまり五人程度のプレイヤー…

なりたくもなかったギークにもオタクにもなれなかった悲しみに

photo by Julia Roy ギークになれない 今年の4月半ばから転職や転居をしてから、適当に忙しくて、適当に充実していて、適当に頽廃している。予測していた通りになったこともあれば、そうじゃないこともあるけど、色々なことが中途半端だからこその楽しさや不…

リタゲ的コミュニケーションによる個人単位のダサピンク現象について

photo by snupped リタゲは有効だけど広がらない ここ最近でよく反省するのが、リターゲティング的なコミュニケーションをしすぎていたのではないかということだ。リターゲティング(リタゲ)とは、一度は自社サイトや商品ページを訪れたことのある人に限定…

海を競争相手か、ただの場所か、あるいは敵、または恋人と見なすこと

photo by Moyan_Brenn 競争相手か、ただの場所か、あるいは敵、または恋人と見なすこと 仕事・趣味・投資・人間関係などのいずれかにおいて、競争相手か、ただの場所か、あるいは敵、または恋人と見なすのかという行動指針で他者とのすれ違いのような事が起…

自分のご飯偏差値が低すぎて愕然とする

食べあるき生活で太る 普段は外食が多いのだけど、毎回外食をするのも疲れてしまうし、身体にも悪い。このところで食べ歩き生活を続けていたら5kgほど太ってしまった。痩せるのは大変なのに太るのは一瞬である。もともと筋肉量が少なくて太りやすい体質だと…

D系になる自宅飲酒を辞めてフレンチプレスコーヒで覚醒する

今週のお題特別編「この春に始めたいこと・始めたこと」 この春から、独り暮らしを再開したのだけど、いくつかの決まり事を作っている。例えば、家に本棚を置かないとか、普段はシャワーにして時々は銭湯に行くなど。 今度一人暮らしをする時にはミニマリス…

だだっぴろい風呂を銭湯にアウトソーシング

独り暮らしに戻った 去年の今ぐらいから実家ぐらしをしながら貯金をしたり、家に他人がいる状態に慣れようとしていたのだけど、新しい仕事がそれなりにハードになりそうなので、職場の近くに住まう事にした。長時間の電車移動が心底嫌いだというのもある。 …

『30代の彼が老化した時の対処方法』に絶望する

急激に老け込んだ 『30代の彼が老化した時の対処方法 | Howchu ライフレシピ』を読みました。僕自身も29歳ぐらいから急激に老化したなーって思います。デスマーチで徹夜続きだったり、震災関係のストレスが一定の範囲で関わっているとは思うのですが、単純に…

今度一人暮らしをする時にはミニマリストを目指して本棚を置かないつもり

本棚を置かない意志力 もともとビブリオマニアの気があって、大量の書籍に囲まれていないと落ち着かない性分である。以前に6畳の部屋に住んでいた時にもアイキャッチにあるようなスライド本棚を2本設置して、人間の居住スペースと本のためのスペースのどちら…

ピュアな紳士なのでキャバクラに行った事がない

キャラバクラに行った事がない 考えてみたらキャバクラに行った事がない。そういう接待をするような仕事ではなかったし、裏側を描いた漫画や書籍などでお腹いっぱいになっていた。「そういうテクニックなんだよね」とか「この延長料金で漫画セットが買えたの…

「自殺者リサイクル法」と加藤茶のように扱われたい願望

photo by kevin dooley 自殺者リサイクル法 フジテレビの『世にも奇妙な物語』の中に『自殺者リサイクル法』という話がある。ビルから飛び降りた所を救出されて、どうせ捨てるつもりの命なのだからと、臓器を提供したり、新薬の実験台になったりと「命の再利…

「私小説」によって導出された解決策が現実の問題と乖離していく

photo by the girl who owns the world 私小説としてのブログ 何度か明言しているのだけど、このブログの執筆スタンスは「私小説」である。元になった事実が完全にないとは言えないが、それに対して想像し得る主観的な心情を描き出す事が「主題」であり、そ…

心の栄養失調には切ないスパイスが必要なのだけど

photo by chooyutshing 心の栄養失調になっている 「あるべき姿 = 現状 + 課題」という定式を用いて、あるべき姿からの不足分を課題解決していくという方法論は「バックキャスティング」と呼ばれ、効率的に物事を進めていくには必須の考え方である。だけど…

人間には「興味」と「網羅」が両立できないがロボットには出来る

「興味」と「網羅」を同時にこなすって人間技としてありえない 糸井重里がニュースキュレーションメディアについて面白い指摘をしていた。 もちろん、空気中に漂ってるニュースを全部読むのはめんどくさい。それに本当に大事なことはニュースそのものには書…

人月単価を前提にするとドタキャンされた時の損失計算がおかしくなる

人月の神話 業務システム開発を行う際には「人月」という単位で掛かる工数を見積もって対価を請求するのが一般的です。AシステムのBモジュールは、Xランクのエンジニアが10人・5ヶ月必要だから50人月、Xランクのエンジニアは1人月単価100万円だとすると合計5…

ただアゲてぇんだフロアを!! 結婚式を!!〜『婚活DJアゲ太郎』名言集

photo by Hans Olofsson 婚活DJアゲ太郎の名言まとめ ライブハウスにはそれなりに行くのだけど、クラブには行った事がなくて中で何が行われているのか未だによく分かっていない。だから「DJは婚活に似てる」と言われても「はぁ……?」と思うだけであった。し…

僕らは殆んど友達になれない幻視人

幻視人の午後 寒い。ミノムシのまま冷たい太陽の軌道を想像する午後。本当に動いているのは地球であり、そこに貼り付けられた僕だ。2月も中旬になると忌まわしい花粉が飛び始める。寒くて何もできない事、花粉で何もできない事。不快感の度合いを比較すれば…

食虫植物系男子のまま枯れないように「心の温泉」を少しづつ掘りたい

photo by dinilu 若者の性交渉離れと食虫植物系男子 今回、特に目を引いたのが、29歳以下の男性の性行動を巡る事情だ。性交経験率が5割を超える年齢は「29歳」で、08年の「23歳」、10、12年の「26歳」と比べて一気に高年齢化した。一方、女性…

ドリカムデートはナイトメアズ・カム・トゥルー

ドリカムデート わたしは、会社の飲み会でカラオケにいってキラキラOLが一青窈のハナミズキを歌いながら突然泣き出して課長(または部長)が気まずそうに黙り込んでその二人を見ながら死んだ目でタンバリンを叩いたことがこれまでのOL生活の中で2回あるんです…

顔を撮られたら死ぬ病のふたりが撮られるのは結婚を意識した時なのだろう

photo by kcnickerson 顔を撮られたら死ぬ病に掛かっていた 転職活動を意識して履歴書用の顔写真を撮ったのだけど、自分の顔写真をまともに撮るのは何年ぶりだろうかと思った。あまり自分の顔が好きではないし、文章と「中の人」を紐付けて欲しくないので、…

文化系説教ジジイにしか進化できないポケモンを選んでしまった悲しみに

photo by Alan Cleaver 文化系説教ジジイにしか進化できないポケモン 岡田斗司夫問題に付随して、「文化系説教ジジイ」の話が蒸し返されてヒヤヒヤしているところがある。そもそも「文化系説教ジジイ」とは『文化系説教ジジイにモテない方法 - Togetterまと…

本当に好きになった相手のSNSアカウントはブロックしてからが本番

photo by dadblunders 気になる相手のSNSは知らぬが仏 前に記事で、婚活相手のSNSを特定するのが趣味とか書いたことあるけどお付き合いする人はまた別だ。 そのパンドラの箱を開けた瞬間、嫉妬、嫉妬、shitが込み上げ自信を失くしてしまうからだ 友達とのや…

オタサーの姫に「ありがとう」と言わせたら童貞騎士失格なのであります

photo by woodleywonderworks 嫁がありがとうを言わない 細かい話をするとキリがないが、客商売をしている自分はどちらかというと人の機微に気づきやすくできるだけ相手の状態を感じ取って先回りの行動を心がけているつもりだ それなのに嫁はいつの間にかス…

2035年からの終活戦線、「弱いつながり」だけでは異常アリ〜吉田太一『孤立死 あなたは大丈夫ですか?』

「孤立死」の問題 テレビのドキュメンタリーにおいては「孤独死」という言葉がピックアップされる事が多いけれど、日本政府においては「孤立死」という言葉になる事も多いのだそうだ。確かに「孤立死」という言葉の方が、親族や気にしてくれる人が周りにいた…

人間関係レアガチャ待望論としての有料オンラインサロン

photo by lapidim 人間関係10連ガチャ社会に疲れた ソーシャルメディアが発達し、趣味のマッチングや婚活などのサービスまでもが拡充した現代においては、新しい人間関係が構築できる機会が供給されやすくなり、気軽にコミュニティを渡り歩けるようになった…

2015年の僕は「逆にモテる」を行動基準にします〜水野敬也『LOVE理論』

2015年の池田仮名は「逆にモテる」を行動基準にしていきます 今年のクリスマスもチキン(焼き鳥)男子会ですごしてしまい、そろそろなんとかしたいからここに宣言する。来年は名義上だけでなく、事実上の事も頑張りたい。タイトルのような宣言を行う事は本書…

一人暮らしが快適になるための家事能力が高まるほど結婚生活は大変になる

家族の大切なモノを捨てる事案 家族の大切なものを捨てて関係性が崩れるという話が定期的に話題になる。以下は有名な2chのコピペだ。 私は夫のコレクションを捨ててしまって後悔した立場でした 鉄道模型でしたけど かなり古い模型がまさに大量(線路も敷いて…

『太陽がまぶしかったから』における「太陽」が何かを答える自薦集

太陽がまぶしかったからチートシート 今年「よく書けたな」と自分で思ったエントリ十選 - ←ズイショ→ 読みました〜。このブログでは既にどんだけ振り返りエントリ書いとんねんという話なのだけど、お題とかに縛られないで「自分がよく書けた」と思った記事を…

太陽がまぶしかったから書いた創作こじらせ日記の自選集2014年版

photo by benleto 創作こじらせ日記まとめ 実際に起こっているネガティブな出来事はブログに書きにくいし、丁寧に解説しても仕方がないので創作日記として断片的に提示する事がある。 完全にシニカルなだけの厨二病を発揮していて恥ずかしいのだけど、こうい…

オタサーの姫をちやほやし続けたい童貞騎士としては姫に魔女化してもらっては困るのであります

オタサーの姫をちやほやするのが好きだった 言うならば、オタサーの姫は『アイドル』である。アイドルを応援するものたちは、みな同じ立ち位置からサイリウムを振り、アイドルは舞台上から全員に向かって手を振って、笑顔を向ける。逆に、サークラは『キャバ…

僕は勝俣になって「そんな美味しいわけが…」「アッコさんすげぇ!」と言いながら死んでいきたい

僕は勝俣になりたい つまり僕は勝俣になりたいのだろう。 「そんな美味しいわけが…」でも、「アッコさんすげぇ!」のどちらで良いし、両方ならなお良い。勝俣として生まれ、勝俣として育ち、そして死んでいきたい。強いて「目標」を挙げるとすればそういう事な…

人間関係10連ガチャ社会において「行けたら行くよー♪」と言いがちなクズからの言い分

行けたら行く 飲み会とかに「行けたら行くよー♪」と言う人がいた場合の対処法だぞ あとはこの言葉の意味についてだ - 僕と花子のルンルン生活だヨ! ここの所、仕事の予定が組みにくくなって先の事を聞かれても「もしかしたら行けるかもしれない」ぐらいの返…

「家から出ない技術」を身に付ければ「嫌われる勇気」なんていらない

また寝てた 3連休の最終日も結局のところで無為に過ごす。文学フリマをはじめとして普段なら行くようなイベントが目白押しだったのだけど、寝て起きたら17時。また寝てた。 誰も期待してないであろう「行けたら行く」が「行かない」に自動的に変わっていて、…

近しい他人を巻き込んだ自虐って自分と他人の区別がついてないか所有物として捉えてるんだろうな

photo by Saltatempo 近しい他人を巻き込んだ自虐って不愉快 所ジョージが自分の奥さんのことを全く悪く言わないで、常に褒めてることについて「俺が選んだ奥さんを、悪く言う方がおかしいでしょ」と、あっけらかんと言っていたのがすごく印象に残ってる。そ…

ブログのカスタマイズに逃げる不満足なソクラテス

はてなブログカスタマイズ記事ばかり書いている ここのところでブログ改造関係の記事ばかりを書いている。本来は自意識垂れ流し系なんだけど、なんかハードルが上がってしまった感がある。他のブログや書籍などを読む時間が確保できてないというのも大きいし…

躁うつ状態に備えて論理的なセーフティーネットを張っておくとマシになる

photo by _DaniloRamos ツイ禁なう 少し前からネットと感情がダイレクトに繋がるとまずい状態にあったと自覚したので、しばらくツイ禁をする事にしたのだけど、その時にパスワードを暗記しにくい文字列にしておくのはひとつの解決策であると感じた。これまで…

そういや中学生時代のアダ名が「黒幕」だったなぁ

中学生の時のあだ名は「黒幕」 この前に「ぜんぶ池田仮名のせいだ」と言われて思いだしたのだけど、僕の中学生の時のあだ名は「黒幕」であった。確かにコンピュータ室を悪用したり、絡んできた不良への過剰防衛で救急車沙汰みたいなオイタもあったのだけど、…

竹下通りでポールダンスを踊って「ぜんぶ妖怪ブロガーゴイルの仕業」と100%の責任転嫁をする事について

「妖怪のせい」にして片付ける是非 確かに妖怪という概念によって、行為と属性を上手く分離したりとか抽象的思考のトレーニングとして上手く機能する場合の効果は大したものだと思うんです。でも、そうやって問題を「妖怪のせい」で片付けてはいけないことは…

岡田斗司夫の『「いいひと」戦略』は「イヤなひと全損社会」の背反を考えれば分かりやすい

「いいひと」の定義 もし「表層的な偽善者」が「いい人」だと評価されるのが「評価経済社会」だとしたら、そんなうさん臭い未来は心配しなくてもやって来ないので大丈夫です。なぜなら何度もいうように、「いい人」を“演じて”もバレるから。上っ面だけ整えた…

愚者は経験に学び、他山の石となる

愚者は経験に学ぶ 基本的には安定志向な人間なので、普段の生活をなかなか変えらのだけどで、ブログについては犯罪自慢や差別表現でもしない限りは「試してみることに失敗はない」がしやすい。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といいますが、わたしは…

ソーシャルメディア時代における「本当の私」はどこにある?〜平野啓一郎『私とは何か――「個人」から「分人」へ』

「分人」再検討 本書は平野啓一郎が自著の小説である『ドーン』で描いた「分人(dividual)」という概念について、著者自身の自伝的な要素を含めて一般に向けて解説した書籍である。 ドーン (講談社文庫)作者: 平野啓一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 201…

人生の大いなる漠然とした不安との夫婦生活に「のほほん」と折り合いをつける

photo by laurinha_lii のほほん また久々に大槻ケンヂ熱が高まっているというのもあって、「のほほん」と生きようと思う事が増えた。僕はある意味ではもう長く生きられないし、殆んどの問題は解決出来ずに死ぬ事になるだろう。だから、もうそれらを「治さな…

語りえぬものについてはYoせざるをえない

短文コミュニケーション 少し前からFacebookやTwitterなどSNSを能動的に使うことが殆んどなくなった。理由は色々とあるのだけど、短文コミュニケーションに関する限界みたいな部分も大きい。どうせ短文だったらYoだけをすれば良い。Yoとは繋がっている人に「…

mixiは日記エントリごとに「自分のみ公開」「友人のみ公開」と設定できるのが良い機能だったけど「友人のみ非公開」が欲しかった

photo by preetamrai 進捗ダメです 昨日は昼寝とモンハンばかりをしていた。昼寝をすれば夜中に眠れないのは自然の摂理で、週初めからあまりに眠い。そういう事に対してすら、教訓めいた事を見出したくなってしまうのだけど、それはどうかと思う。あらゆる事…

公共圏を覆う「他人の祭り」としてのW杯は解約できないスパムメールみたいなもんで

photo by Der Toco 今週のお題「サッカー」 ※これから書くことはW杯開催などを楽しみにしている人にとって不快な内容を含みますのでそっとじをお願いします。 ワールドカップのせいか、広告や店頭ディスプレイやSNSなどから漂う空気が青っぽい気がする。どう…

僕が人に何かを言えるとしたら、「ちゃんと寝て」「ごはんを食べて」「歯磨きしよう」「椅子には拘れ」ぐらいしかない

書きにくい事が増えた 相変わらず出張。身体が悲鳴を上げている。いい加減に書き飽きた感もあるのだけど、日記とはそういうものなのだろう。日付と紐付けば、少なくとも当事者としては意味がある。ただ、この日記も他人に読まれる事が前提になってきていて、…

ダブルスがシングルスにいい影響を与えるのは分かっているけれど「シングルスのためのダブルス」に他者を巻き込みたくないと思っていた

65%の自殺の実践 昨日は四畳半に蟄居していた。土曜日に『http://www.ikedakana.com/entry/2014/06/08/092724』だったので、週1日はそういう日を作る必要がある。6月は連休がないから特に意識したい。月曜日の朝になるたびに妄想憂鬱ポエムを書いている気が…

Q「週末にひとりで家にいる無趣味な人って何してるの?」A「社会に影響しない生活をしている」

photo by reallyboring 週末にひとりで家にいる無趣味な人って何してるの? 昨日も家の中で過ごす。「週末にひとりで家にいる無趣味な人って何してるの?」みたいな感じで趣味人や妻帯者などに聞かれることもあるけど、取り立てて何かをしているわけでもない…

今回はルーレットに選ばれなかった安堵と次に選ばれるかもしれない不安と

photo by clry2 「やりたいこと」よりも「楽になりたい」が先だってしまう 最近またまともに頭が働いていない事が増えてきている。相変わらず日帰り出張や休日出勤をする必要があるし、移動時間が長過ぎて頭痛や肩こりや自律神経失調症が再発してる。こうい…