太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

自意識-コミュニケーション

被害妄想回路がくっついちゃった相手との内心の忖度エスパー対決

ハンロンの法則 なんらかの行動によって不愉快にさせられた事象には「ハンロンの法則」が適用できて、つまり大抵の不愉快な事象について相手が明白な悪意を持ってやっているのは稀であり、ただ空気が読めなかったり、無能だということのが多い。ローカルルー…

褒め合う友達が数人いたら強くなれるネット環境ではポジティブ五人組制度が生まれやすい

photo by Lel4nd プレイヤーを五人集めればステージに立てる 深夜のテンションで少しネガティブなことを書く。ここ1年ぐらいのインターネット界隈において「ポジティブ五人組制度」とでもいうべきものができているように感じる。つまり五人程度のプレイヤー…

人間には「興味」と「網羅」が両立できないがロボットには出来る

「興味」と「網羅」を同時にこなすって人間技としてありえない 糸井重里がニュースキュレーションメディアについて面白い指摘をしていた。 もちろん、空気中に漂ってるニュースを全部読むのはめんどくさい。それに本当に大事なことはニュースそのものには書…

人間関係レアガチャ待望論としての有料オンラインサロン

photo by lapidim 人間関係10連ガチャ社会に疲れた ソーシャルメディアが発達し、趣味のマッチングや婚活などのサービスまでもが拡充した現代においては、新しい人間関係が構築できる機会が供給されやすくなり、気軽にコミュニティを渡り歩けるようになった…

人間関係10連ガチャ社会において「行けたら行くよー♪」と言いがちなクズからの言い分

行けたら行く 飲み会とかに「行けたら行くよー♪」と言う人がいた場合の対処法だぞ あとはこの言葉の意味についてだ - 僕と花子のルンルン生活だヨ! ここの所、仕事の予定が組みにくくなって先の事を聞かれても「もしかしたら行けるかもしれない」ぐらいの返…

そういや中学生時代のアダ名が「黒幕」だったなぁ

中学生の時のあだ名は「黒幕」 この前に「ぜんぶ池田仮名のせいだ」と言われて思いだしたのだけど、僕の中学生の時のあだ名は「黒幕」であった。確かにコンピュータ室を悪用したり、絡んできた不良への過剰防衛で救急車沙汰みたいなオイタもあったのだけど、…

竹下通りでポールダンスを踊って「ぜんぶ妖怪ブロガーゴイルの仕業」と100%の責任転嫁をする事について

「妖怪のせい」にして片付ける是非 確かに妖怪という概念によって、行為と属性を上手く分離したりとか抽象的思考のトレーニングとして上手く機能する場合の効果は大したものだと思うんです。でも、そうやって問題を「妖怪のせい」で片付けてはいけないことは…

岡田斗司夫の『「いいひと」戦略』は「イヤなひと全損社会」の背反を考えれば分かりやすい

「いいひと」の定義 もし「表層的な偽善者」が「いい人」だと評価されるのが「評価経済社会」だとしたら、そんなうさん臭い未来は心配しなくてもやって来ないので大丈夫です。なぜなら何度もいうように、「いい人」を“演じて”もバレるから。上っ面だけ整えた…

ソーシャルメディア時代における「本当の私」はどこにある?〜平野啓一郎『私とは何か――「個人」から「分人」へ』

「分人」再検討 本書は平野啓一郎が自著の小説である『ドーン』で描いた「分人(dividual)」という概念について、著者自身の自伝的な要素を含めて一般に向けて解説した書籍である。 ドーン (講談社文庫)作者: 平野啓一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 201…

語りえぬものについてはYoせざるをえない

短文コミュニケーション 少し前からFacebookやTwitterなどSNSを能動的に使うことが殆んどなくなった。理由は色々とあるのだけど、短文コミュニケーションに関する限界みたいな部分も大きい。どうせ短文だったらYoだけをすれば良い。Yoとは繋がっている人に「…

mixiは日記エントリごとに「自分のみ公開」「友人のみ公開」と設定できるのが良い機能だったけど「友人のみ非公開」が欲しかった

photo by preetamrai 進捗ダメです 昨日は昼寝とモンハンばかりをしていた。昼寝をすれば夜中に眠れないのは自然の摂理で、週初めからあまりに眠い。そういう事に対してすら、教訓めいた事を見出したくなってしまうのだけど、それはどうかと思う。あらゆる事…

僕が人に何かを言えるとしたら、「ちゃんと寝て」「ごはんを食べて」「歯磨きしよう」「椅子には拘れ」ぐらいしかない

書きにくい事が増えた 相変わらず出張。身体が悲鳴を上げている。いい加減に書き飽きた感もあるのだけど、日記とはそういうものなのだろう。日付と紐付けば、少なくとも当事者としては意味がある。ただ、この日記も他人に読まれる事が前提になってきていて、…

その文章を難しいと判断して、「頭がいいと思われたい人なんだ」と他人の内心を忖度してるのは誰の基準でしょうか

頭がいいと思われたい人なんだ? 頭がいいと思われたいことってすごく人間臭い欲求だし悪いことじゃありません。 ただ、ちょっとダサい。 かっこ悪いですよね。 そういうダサい大人にならないように、自分が「頭がいいと思われたい人」になってるなあという…

『1984年』の言語論的転回と際限のないバズワード生成について

photo by Nina J. G. 1984年 『一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)』を読んでいる。この作品って「監視社会」の代名詞的に言われるけれど、むしろ「言語論的転回」の話だと思う。「ニュースピーク(=新言語)」がまさにそうなのだけど、例えば「国家社会主…

自警団よりも消防団って呼ばれたい

photo by Fabulas fafla iPhoneではてなブログが更新できない 昨日はiPhoneで日記を更新していたのだけど、はてなブログが繋がらなくて「504 Gateway Time-out」とでるようになっていた。ブラウザからもhatenablog.comだけ表示できない状況なので、サーバー…

ネットと感情がダイレクトに繋がっている時にこそ睡眠と炭水化物は大切なのだろう

photo by u m a m i ネットと感情がダイレクトに繋がる 昨日なんてtwitterのせいで朝っぱらから、はらはた煮えくり返りまくってたからね。顔には出さないようにしてたけれど、もしかしたら会社の人に「○○さん、なんか今日機嫌悪くね?」みたいに思われてたか…

嫌いな食べ物を薦めるという「アドバイス罪」をしてしまい、他で同じ事をしてるかもという罪悪感と無力感を感じている

photo by marsmet473a アドバイス罪をしてしまった 好き嫌いについて - 百三十五年丸ノ内線 読みました。食べ物とそれを食べている自分についてこだわりがあるんですね。それなのに、とんでもないアドバイス罪をしていた事に気づきました。僕自身は『「価値…

じぶんの頭で想起させるプロセスによって生まれる派生的な自己言及には主観的な強度があるから追い込みやすい

photo by bloodless じぶんの頭で考えさせる罪 ある話題について盛り上がっていたようだけど、それについて正面からは語れない。「語れない事」を語ってしまうのも共犯ではあるし、どんな話題にだって個別具体的な感情の渦しかなくて、自己言及であれ、他者…

緩募しながらの朝カフェやコインスペースって、機会費用先払いの+αだから気楽

photo by Or Hiltch プライベートがない状態 風邪は落ち着いてきた。まだクスリをキメてるけれど。頭がぼんやりしていると難しい話ができなくなるのを実感する。日帰り出張の移動時間中なんかは頭を使わなくてよいけど、僕の時間が快適とはいいがたい状態で…

「あの時の自分」を切断処理して謝る人とは付き合いたくない

「あの時の自分」は「今の自分」の延長線上 完全な風邪。終電を逃して徘徊した深夜の新宿ゴールデン街が非常に寒かったのが原因と思われる。昼間は暑かったぐらいだし、身体がビックリしたのだろう。名義上のカノジョに名義上の看病をしてもらったら、名義上…

結果の確率変動を試みるために毎秒投じる資本は「賭け金」ではない

私たちは毎秒毎秒宵越しの金を捨てなくてはならない - ←ズイショ→ 読みましたー。この指摘はまさにそうだと思う。それで、本筋ではないのだけど、昔からある物事について、何かを投じるという意味合いで「賭け金」や「BET」と呼ぶ事について違和感があること…

自分の考えに賛同してもらえない時に「伝え方の問題」だと態度に出すのは影響力ゲームの負けパターン

「伝え方の問題」じゃやない 科学的事実や数学などの明白な論理が通用する分野ではない事において、自分の考えに賛同してもらえない時に「伝え方の問題」だと最初に考えてしまうのは危険だと思う。殆んどの人は殆んどの場合において、結論部分が正しく伝わっ…

ドメスティック・モヒカン宣言

photo by weblog244 喧嘩って難しい Facebookでケンカ、できますか。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。 読みましたー。そろそろ論理手斧での喧嘩がしたいと右手が疼いていた頃である。でも喧嘩というのは難しい。現実世界のステークホルダーが絡めばどん…

コーヒーミーティングとリアル池田仮名

photo by @Doug88888 今日は朝から『3月23日開催の、第1回ブロガーミーティング!『イケダハヤトさんに学ぶブログ運営術』参加者を募集します! - ヘンテナブログ』に参加してきた。詳細なレポートは別途書かせて頂くとして貴重な体験であった。今回はこのイ…

「価値観を押し付けるべきではない」は関係性・正しさ・押し付け度合いのミスマッチ問題

photo by JulianBleecker 価値観の押し付け 最近になって「価値観の押し付け」について話題になっていた。僕は基本的には「価値観を押し付けるべきではない」というデタッチメントの立場ではあるのだけど、それにはいくつもの前提が含まれていて、その前提の…

あるある話に名前を付けていくことで現実が変わりえる事について

photo by Vít Hassan アドバイス罪 『「価値観を押し付けるべきではない」は関係性・正しさ・押し付け度合いのミスマッチ問題 - 太陽がまぶしかったから』の導入部分が、今日になって知った「アドバイス罪」という言葉と似ていて肝を冷やした。単純に「自分…

他人の取る手段に明らかな問題があると感じるときは目指す目的が異なる事を疑った方がよい

photo by gwaar 目的が同じか? 他人の手段を見た時に「どう考えても効率が悪い」とか、「それじゃあ無理だよ」ってすぐに分かるような場合は、そもそも達成したい事がなんなのかを確認した方がよいことが多い。それがプリミティブな欲求であるほど、自分と…

人の気持ちが分からんマンとしての消極戦略は結構穴がある

人の気持ちが読めたつもりになっているのがあぶない 「実は好き嫌いや快不快がハッキリあるくせに、相手を尊重して(いるつもりで)普段は言いたいことを飲み込んでいる」みたいなタイプの不満ダムが決壊すると恐ろしい。相手を尊重しているのでなく自分が決定…

興味がない事柄に意見を言おうとするとパーキンソンの凡俗法則にハマる

photo by tejvanphotos 興味がない事柄にまで無理に意見を言おうとしない 僕が趣味としてのインターネットをするうえで大切だと思っているのは「特に興味がないことについてまでポジションを決めたり、意見を表明する必要はない」ということだ。毎日毎日、い…

「え、なんだって?」と主人公型突発性難聴を患う

photo by shareski 人格じゃなくて文章への批判をしましょう 増田やTwitterや2chなどで的はずれな人格否定とかされてるなーってときもあったけれど、それは仕方ないと思っている。後から謝られたことも何度かあるのだけど、「どれのことだろう?」ってなる場…

幻想殺し<イマジンブレイカー>をするなら、その先も見据えてほしい

その正論って必要? 厳しい正論を指摘するに留まるだけで、結局のところで該当者へのモラル・ハラスメントの効用しか及ぼさないような議論を見るとモヤモヤする。実際には一面でしか正しくない事が多いし、嫌な気分だけが残る。例えば居酒屋甲子園のような幻…

生半端な知識や経験で作った独自理論を聞くのが結構好き

「ゼロになったらなったで仕方ないと思えるものを賭け金にする」のは僕の根源的な動作原理である。生活費で賭け事をすればビクついて小さく勝って大きく負けるのが目に見えているし、ストレスを溜めれば普段の生活が高く付く。気軽に倍プッシュできるのは、…

僕と私と俺の自己言及のパラドックス

photo by dsevilla 物理的にできないことはできない 金曜日。飲み会があるので早めに更新する。こういう物理的な制約について俺は無力となる。更新できないものは出来ない。予約投稿があれば偽装できるのかもしれないけれど。自己言及を他者が信じても仕方な…

行為遂行的な呪詛はそれ単体でも実際に殺すことの5%ぐらいの効果はあるんじゃないかな

photo by Joriel "Joz" Jimenez スピーチ的な文章を書くことと個人的な言葉を書くこと 『スピーチよりも身の上話で(ブログの話) - tapestry』について id:luvlife さんと話していて、幾つか思った事があるので徒然と。 @luvlife_htn 確かにスピーチタイプ…

読む能力、書く能力、会話する能力はそれぞれ関連しつつも結構違う

朝起きる時間を毎日5分づつ早くしている。一旦は5時起きを定着させたい。もちろん眠い。その分は早く寝る必要がある。朝活的な意味合いもあるのだけど、実家からの通勤も見越している。 通勤時間がさらに増えれば、これまで以上に家で何かをするのは難しくな…

65%自殺したのか、65%他殺されたのか

自炊すれば安く済むのだけど、料理の手間や片付けを考えると億劫になっている。こう寒くて、腹が減っているとどこかに寄って行きたくなる。ちょっと前までは居酒屋やバーに寄り道するなんて事もあったのだけど、そういう事は殆どなくなった。ネットのおかげ…

インターネットから出せない虎は虎ではない

インターネットから出せない虎 「充電」を宣言した夜。宣言内にもある通り、文章を書くことを辞めるつもりはない。人に「辞めないほうがよい」と言った手前もあるし、殆どのことはトリヴィアルに過ぎない。「あの感じ」をしばらくはやめるという宣言を出す必…

自由でありたいと宣言する事は自由でない現状を肯定している(とされる場合がある)

photo by kIM DARam相手を一旦は肯定する癖 相手の意見が本質的に受け入れられないほど「一理ある」「言ってる事は分かる」と、とりあえず先に肯定してしまう癖があります。頭ごなしに「その人の正義」を否定したところで話が進まない事は分かっているので、…

自罰的コミニュケーションは自分の気持ち至上主義の檻に囚われた「いいひと」戦略

photo by Allen Ang 自罰としての徹夜や昼食抜き 仕事のトラブルがあると、頼まれてもいないのに徹夜や昼食抜きをしはじめるような人が一定の割合でいます。自分だけでやるなら勝手にやればよいのですが、部下や出入り業者にまでそれを求めはじめると困りま…

3:4:3<さしみ>の宿命論と確率変動〜コミュニケーション能力は確率変動のためのものである

photo by @Doug88888 「いいひと」戦略ってどうなの? ネスさん ( id:FFCCEoT_NESS )の『「いいひと」じゃなくても良い。 - 隠れ家日記』を読みました。岡田斗司夫さんの『超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略 増補改訂版』の書評として書い…

流行りだとか話題のためにアニメを観ること~コミュニケーション基盤としてのオタクコンテンツ

photo by ddkkppアニメを観るのは共通言語のためアニメは誰かと話す時の共通言語として楽だから観ているだけであって、そういうモチベーションがなくなると全然観なくなるから自分はオタクではないのだと想う事が多い。— 池田仮名 (@bulldra) August 21, 201…