太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

自意識-こじらせおじさん

「私小説」によって導出された解決策が現実の問題と乖離していく

photo by the girl who owns the world 私小説としてのブログ 何度か明言しているのだけど、このブログの執筆スタンスは「私小説」である。元になった事実が完全にないとは言えないが、それに対して想像し得る主観的な心情を描き出す事が「主題」であり、そ…

心の栄養失調には切ないスパイスが必要なのだけど

photo by chooyutshing 心の栄養失調になっている 「あるべき姿 = 現状 + 課題」という定式を用いて、あるべき姿からの不足分を課題解決していくという方法論は「バックキャスティング」と呼ばれ、効率的に物事を進めていくには必須の考え方である。だけど…

文化系説教ジジイにしか進化できないポケモンを選んでしまった悲しみに

photo by Alan Cleaver 文化系説教ジジイにしか進化できないポケモン 岡田斗司夫問題に付随して、「文化系説教ジジイ」の話が蒸し返されてヒヤヒヤしているところがある。そもそも「文化系説教ジジイ」とは『文化系説教ジジイにモテない方法 - Togetterまと…

『太陽がまぶしかったから』における「太陽」が何かを答える自薦集

太陽がまぶしかったからチートシート 今年「よく書けたな」と自分で思ったエントリ十選 - ←ズイショ→ 読みました〜。このブログでは既にどんだけ振り返りエントリ書いとんねんという話なのだけど、お題とかに縛られないで「自分がよく書けた」と思った記事を…

太陽がまぶしかったから書いた創作こじらせ日記の自選集2014年版

photo by benleto 創作こじらせ日記まとめ 実際に起こっているネガティブな出来事はブログに書きにくいし、丁寧に解説しても仕方がないので創作日記として断片的に提示する事がある。 完全にシニカルなだけの厨二病を発揮していて恥ずかしいのだけど、こうい…

僕は勝俣になって「そんな美味しいわけが…」「アッコさんすげぇ!」と言いながら死んでいきたい

僕は勝俣になりたい つまり僕は勝俣になりたいのだろう。 「そんな美味しいわけが…」でも、「アッコさんすげぇ!」のどちらで良いし、両方ならなお良い。勝俣として生まれ、勝俣として育ち、そして死んでいきたい。強いて「目標」を挙げるとすればそういう事な…

「家から出ない技術」を身に付ければ「嫌われる勇気」なんていらない

また寝てた 3連休の最終日も結局のところで無為に過ごす。文学フリマをはじめとして普段なら行くようなイベントが目白押しだったのだけど、寝て起きたら17時。また寝てた。 誰も期待してないであろう「行けたら行く」が「行かない」に自動的に変わっていて、…

近しい他人を巻き込んだ自虐って自分と他人の区別がついてないか所有物として捉えてるんだろうな

photo by Saltatempo 近しい他人を巻き込んだ自虐って不愉快 所ジョージが自分の奥さんのことを全く悪く言わないで、常に褒めてることについて「俺が選んだ奥さんを、悪く言う方がおかしいでしょ」と、あっけらかんと言っていたのがすごく印象に残ってる。そ…

ブログのカスタマイズに逃げる不満足なソクラテス

はてなブログカスタマイズ記事ばかり書いている ここのところでブログ改造関係の記事ばかりを書いている。本来は自意識垂れ流し系なんだけど、なんかハードルが上がってしまった感がある。他のブログや書籍などを読む時間が確保できてないというのも大きいし…

躁うつ状態に備えて論理的なセーフティーネットを張っておくとマシになる

photo by _DaniloRamos ツイ禁なう 少し前からネットと感情がダイレクトに繋がるとまずい状態にあったと自覚したので、しばらくツイ禁をする事にしたのだけど、その時にパスワードを暗記しにくい文字列にしておくのはひとつの解決策であると感じた。これまで…

愚者は経験に学び、他山の石となる

愚者は経験に学ぶ 基本的には安定志向な人間なので、普段の生活をなかなか変えらのだけどで、ブログについては犯罪自慢や差別表現でもしない限りは「試してみることに失敗はない」がしやすい。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といいますが、わたしは…

人生の大いなる漠然とした不安との夫婦生活に「のほほん」と折り合いをつける

photo by laurinha_lii のほほん また久々に大槻ケンヂ熱が高まっているというのもあって、「のほほん」と生きようと思う事が増えた。僕はある意味ではもう長く生きられないし、殆んどの問題は解決出来ずに死ぬ事になるだろう。だから、もうそれらを「治さな…

公共圏を覆う「他人の祭り」としてのW杯は解約できないスパムメールみたいなもんで

photo by Der Toco 今週のお題「サッカー」 ※これから書くことはW杯開催などを楽しみにしている人にとって不快な内容を含みますのでそっとじをお願いします。 ワールドカップのせいか、広告や店頭ディスプレイやSNSなどから漂う空気が青っぽい気がする。どう…

今回はルーレットに選ばれなかった安堵と次に選ばれるかもしれない不安と

photo by clry2 「やりたいこと」よりも「楽になりたい」が先だってしまう 最近またまともに頭が働いていない事が増えてきている。相変わらず日帰り出張や休日出勤をする必要があるし、移動時間が長過ぎて頭痛や肩こりや自律神経失調症が再発してる。こうい…

このまま縮んで蠱毒を受け入れたい

photo by matley0 身体が縮んだ 微妙にダイエットをしていたのだけど、身体がスッキリしてきてスーツのズボンがぶかぶかになってきた。握りこぶしをふたつ入れても余裕がある。もちろん糖質制限のみではなくて、ラーメンを食べないとか間食をしないとかの影…

桜の木の下には「ありえた自分の死体」が埋まっている

移動時間に消耗している金曜日 金曜日。一日の大半を移動時間に費やした。日中の電車移動は少しは本が読めるから良いのだけど、何をやってるのか分からなくなってくる。何も生み出していないけど、何かのコストだけは掛かっている。 これまでは業務時間外に…

軽いモノは肯定するけど、軽いモノだけで満たしてはいけない

今日は雨が降っていたからなのか、花粉症の症状がでなくて捗った。早く寝たのも良かったかもしれない。完全にロングスリーパーになってしまった。とにかく体力を回復するのに時間が掛かるし、眠くなると頭痛がしてくる。仮眠が自由にできれば良いと思うのだ…

自己肯定感は自負心と実能力のバランスによって変動する自尊心の問題

photo by B.S. Wise 自負心の問題、自尊心の問題 読みましたー。それで思ったですが、「自己肯定感」の話については「自負心」と「自尊心」を分けて考えると理解しやすいと感じました。そこに「実能力」というブリッジを挟む事によって生まれる自尊心の変動…

互いに「シェア」するような関係が持てるサードプレイス

photo by euyoung 「物理的なモノを持つ」ってのはオワコン化している 実家で猫を飼ってるからか、暖かくなって花粉の種類が変わったからなのか、一旦落ち着いていた花粉症が再発。鼻がぐずぐずしている。今日も実家の片付け。10年前からペンディングにして…

聴覚優位? 視覚優位?と聞かれたけれど、僕は言語優位なのかもしれない

photo by jpellgen 風鈴を思い浮かべて 先日のブロガーMTGでイケダハヤトさんに、『あなたは聴覚優位?視覚優位?特徴をまとめてみた : まだ東京で消耗してるの?』の説明の中で「風鈴を思い浮かべて」と言われたのだけど、「風鈴」という太字の文字列が眼の…

雨は人をセンチメンタルにする

photo by stopthegears 実家への引っ越しが捗らない 3月も下旬になっていた。4月から出勤場所が代わり、実家に戻るのだけど準備はできてない。明日、明後日と本気を出す。引越し作業自体は3月中だと大学生や新社会人でいっぱいになってしまっているので4月に…

3年間のモラトリアムの終わりと始まり

photo by hugovk インターネットに書けないことが増えていく 膝を付き合わせてブレストしている時に回路が開いていく感覚ってやっばり重要だし、楽しいと再認識した。もちろん材料は持ち寄るんだけど、その場の反応や引き出しを見ながらじゃないと互いに進ま…

限られた空間で話すとゲス中二病を発症する件について

photo by schmetterlinh 限らた空間で話すと逆ベクトルに触れる ブログやTwitterで色々な事を書くようになると、限られた場所で話す時ほど、公開文章を別ベクトルで超えるように過剰にゲスで中二なモードになろうとしてしまうことがあって、それはそれでどう…

マスクの中身は「あちら側」にあるから僕は安心して髭を生やそう

photo by Tom Anderson マスクをつけているときは髭をのばせる 花粉が本格的に飛んできて目や鼻がしょぼしょぼする。会社にいる時にマスクをつけていられるので、髭を伸ばすチャンスでもある。髭については好きな人と嫌いな人いるが、伸ばすべきでないとされ…

すばらしい日々の中で行われる見立て殺人

photo by theyedropper´s world 不眠症の素晴らしい日々 昨晩から眠れなくて、ミックスナッツをかじりつつウィスキーをストレートでちびちびやっていたら午前4時近く。結局200mlぐらい。 8時ぐらいに起きたら猛烈な二日酔い。実は28歳ぐらいまでのときまで二…

「おっさん」「おっちゃん」「おいさん」でなく「おじさん」で統一する

photo by Big Max Power (BMP) 自分のことを「おっちゃん」と呼べない どうでも良い話なんだけど、自分のことを「おっちゃん」と呼ぶのはやっぱりちょっと抵抗があるねと。そういえば、昔付き合ってた人にはなぜか「おいさん」って呼ばれてて、なんでやねん…

精神だけがヤングチームにいるのは無様だけど、「次の居場所」が見えにくくなった側面があるのかも

世代が違う人が成人になっている 少し前に24歳という平成生まれの社会人の人と飲んだのだけど、自分が32歳だから「75%だ!」と直観的に思って不思議な気分になった。逆数で言えば1.33倍。「世代が違う」のは当然である。それでいて、もうすぐ社会人3年目なん…

「おもしろい」や「好き」や「うまい」という感覚は、じぶんのものだ

箱根そばが「うまい」という感覚 久々に箱根そば。実家に引っ越したらたべられなくなるんだなーって毎回思いつつ。美味い。美味い。蕎麦の匂いのしない麺も、甘塩っぱい汁も、少し冷えた天麩羅も。 最近のポテトチップスは厚切りブームだそう。岡田斗司夫の…

やる前から負ける事ばかり考えている

photo by blondinrikard いつも同じひとといたくない 今日は特に予定がないので寝ていた。平日に疲れてしまって寝溜めをしないとやってられないのかもしれない。酒盗茶漬けを昼と夜に1膳づつ。「いつも同じ人といたくない」という感覚はよく分かる。あくまで…

他人の言葉であれば断言できる(と、内田樹が断言してるから)断言する

問題vsわたしたち 実家にはセガサターンとPS2がある。実際には殆どやらないけれど、時々やると面白い。その流れで『バトルモンスターズ』の実況動画を観た。 ゲーム内容はもちろんとして、こうやって喋りながらゲームをするのって楽しかったよなーなんて懐か…