太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

自意識

若い人は「サブカル好きです」を「オタクです」の代わりに使うらしい

サブカル好きです 呑み会などでたまたま席が近かった若い人と話した時に「サブカル好きです」という自己紹介をされてビックリすることがある。具体的な話を聞いていく特定の音楽ジャンルとか演劇とか映画とかに細分化されるのだけど、じゃあ最初からそれを言…

三田紀房の残業代請求問題への対応報告にYAZAWAを感じる

漫画家アシスタントの残業代請求問題 『ドラゴン桜』や『インベスターZ』などの漫画家として有名な三田紀房氏がアシスタントから訴えられていた未払い残業代の支払いを行った。 1月15日に、私の職場でスタッフをしてくれていたカクイシさんから請求を受けた…

昔読んでた本の著者がTwitterで醜態を晒し始めた時の寂しさ

Twitterで狂う元有名作家 Twitterが開設されて以来、定期的に出会わすのが昔読んでた本の著者がTwitterで醜態を晒し始めること。ここ最近の出来事というよりも、当初からの問題であると認識している。タカシ会とかあったよね。 差別的な暴言や空虚な自慢や無…

書き手の認知のゆがんだエッセイとして読む情報商材が楽しい

Kindle Unlimited に紛れ込んでくる情報商材 Kindle Unlimited の本を読んでいっているのだけど、その中には情報商材のような電子書籍が紛れ込んでくる。殆んどの場合は表紙の感じから分かるからスルーしてもよいのだけど時々読みたくなる。 以前からやって…

2018年は色々なことを縮めながら健康で文化的に過ごしたい

今週のお題「2018年の抱負」 正月三箇日も終わって出勤モード。「今年度」という観点では追い込みだし、「今年」という観点では最初。なんにせよ2018年の抱負を決めておきたい。 結論から言えば、今年も「健康で文化的に過ごしたい」という話になるのだけど…

2017年のふりかえり

2017年のふりかえり 2017年がもうすぐ終わる。相変わらず本業は忙しいし、婚活する気分にもならないし、仮想通貨にも乗り遅れた。毎度毎度「まるで成長してない」という結論を付けざるを得ないのだけど、かといって大きく悪くなっているわけでもない。そこそ…

同窓会から逃げない非モテはかっこよくない小金があるおじさんに収束する

非モテ同窓会に参加してきた 少し前に非モテ同窓会のようなものがあった。「非モテ」をテーマにした同人誌『クリルタイ』のメンバーが集まる会だ。非モテ論壇が華やかだった当時の自分は一介の読者に過ぎなかったのだけど、関わっていくうちにサークル末期の…

自分がモブおじさんであることを受け入れた36歳の誕生日

おじさんであることを受け入れた 2017年10月10日で36歳となる。銭湯の日。どこからどうみてもアラフォーである。もう言い訳のしようがない。 実際問題として、25歳ぐらいから生活スタイルがそれほど変わっていない焦りのようなものはある。結婚もしていない…

そのアニメを楽しめなくなる覚悟を持つ者だけがオタク婚活をしなさい

オタク婚活の再燃 「オタク婚活」という言葉自体は5年前ぐらいに「鷺ノ宮オタ婚活」などで流行っていたとし、僕自身もしていたのだけど、とらのあなが運営する婚活サービスである【とら婚】のTwitterによって再燃しているようだ。 ①オタク趣味しかない人②オ…

他人のダブルスタンダードを叩きながら自身の行動を記録できるのは叩かれる価値すら発生しないという楽観に支えられている

ダブルスタンダード批判 宮崎元議員の不倫をボコボコに批判しておいて、自分も不倫に突っ走っていた。そして幹事長内定前の身体検査に「大丈夫です」と言ってしまっていた。そりゃダメですよお姉さん。 この話はすごく分かるんだけど、自分がダブルスタンダ…

30過ぎても「学生さん?」と聞かれるネオテニーと育ボスブートキャンプ

30過ぎても訪問販売に「学生さん?」と聞かれる ここ最近はすくなくなったのだけど、30歳過ぎまで住んでいた家賃4万円のボロアパートには訪問販売の営業がひっきりなしにきていた。基本的には居留守を使うのだけど、宅配を待っていたり、通信や水道の管理業…

独身税はもっとも余裕のあるDINKs(子なし共働き)優遇だから筋が悪い

独身税は筋が悪い ママ課は市のプロジェクトの名称で、30〜40代の女性7人が参加した。メンバーが「結婚し子を育てると生活水準が下がる。独身者に負担をお願いできないか」と質問したのに対し、阿久澤氏は「確かに独身税の議論はあるが、進んでいない」…

タオパンパと自分シヴィライゼーションの衛生パラメーター

タオパンパ 「タオパンパ」とは「タオル」「パンツ」「パジャマ」の3点セットを指す言葉である。 夫が風呂に入って出た時に用意をしておかなくてはいけない3つという意味。 夫に風呂に入った時の「お世話」がしんどいという話だったのだけど、自分に当てはめ…

イケアの空、ミサイルの夏

終末感の日常化 北朝鮮のミサイルが発射されたと寝起きのTwitterで知る。Jアラートは鳴っていない。日経先物と為替を確認して本日の下落に憂鬱となる。なにも権利落ち日を狙わなくても。ミサイルのインサイダー情報で儲ける北朝鮮工作員がいるという話の信憑…

キモくて健康で文化的な最低限度のおじさんの余生

加齢臭と枕カバー ここのところ健康への意識が高まっている。酒を飲まず、野菜を食べて、毎日歩いて、早寝早起き、湯船につかる。年齢を重ねて無茶ができなくなったのもあるのだけど、ひとつのキッカケは加齢臭。ベタに言えば枕カバーが臭くなりやすいのだ。…

もうニートにすらなれない確率収束とギークハウスのノンフィクション

ザ・ノンフィクションを観た フジテレビの『ザ・ノンフィクション』でギークハウス界隈のドキュメントをみた。登場人物の一部とは何回か顔を合わせたことはあるけど、モブキャラでしかない僕は相手から認知されていない程度の距離感であろう。文学フリマや早…

オタクになれないコンプレックス

自分の知らない世界 ここのところで、ブログを書く習慣がなくなってしまったのだけど、なにをしていたか。以前までは「仕事をしていた」という言い訳もあったのだけど、ここ最近の仕事量は落ち着いているし、働き方改革の影響もあってか早めに帰ったり、有給…

位置情報系恋活アプリは「攻略可能キャラ」が拡張現実されるスカウター

位置情報系恋活アプリ Twitterのキラキラビッチアカウントとして有名な暇な女子大生 (@bored_jd )*1のステマに乗せられてTinderというアプリの使用感を調べていた。ファーストルックは写真と勤務先と学歴のみだし、LIKEをしても相手に通知されないから、顔写…

婚活男性にこうしたらいいと思うことを全部してても結婚できてない問題

23歳から4年間婚活して今度結婚 23歳から4年間、合コン、街コン、婚活サイト、婚活アプリ、お見合いパーティー、結婚相談所と一通りの婚活ツールを利用し、合コンで会った相手と2年付き合い29歳で入籍しました。 婚活をして行く中で出会った男性たちに対して…

貯金2000万パワーズだけど特に使いみちがないから生き甲斐搾取されたい

数字としての貯金額 「年相応の貯金」について考えると正解が分からなくなる。家族を巻き込んでお金がない状態はしんどいし、貧困状態で健康を崩したらおしまいだから最低限の蓄えが必要なのはよく理解できる。 だけど、独身でそれなりの労働環境で働ける状…

2017年中には「あ」行ではじまる蔵書を全て読了したい

今週のお題「2017年にやりたいこと」 2017年の目標を考える。ゆるゆるに設定していた2016年の目標はあまりうまくいかなかったので、行動指針のようなものは決めておきたい。 読書

はてな結婚したいけどは結婚式はしたくない問題

結婚式というムリゲー 「結婚イベントをこなすだけ」なら「人間・生きてる・死んでない」でいいかもしれないけど、婚姻届を出して終わり!ってことはなく、生活を共にする相手ということを考えないと壊れるのは必然。結婚したい病ってアラサーの流行り病なが…

はてな婚活パーティしたいです

はてな婚活したいです 独身のまま35歳になってしまった。独身貴族を気取るつもりもないのだけど、趣味や仕事を優先しているうちに時間があっというまに過ぎる。「もう少しだけ心に余裕があっタラ」「あの時に決断していレバ」という瞬間も少しぐらいはあった…

「老害になりたくない」という自らへの呪いを解呪したい35歳の誕生日

アラフォーになってしまった 2016年10月10日で35歳となる。何も成せずにアラフォーだ。死にたい。「若手」として括られる時代が長かったので、ついつい勘違いしそうになるけど、とっくに老害側にいる。比較的絡みの多い86世代だって5歳下だという現実。 34歳…

トイレのトラブル8,000円なんだから合コンさしすせそ3,000円奢りは安い

東京タラレバおじさんで奢り奢られ問題 先週末は熟成肉とワインを嗜みながら東京タラレバおじさん。僕自身はLINE交換したのに仕事が忙しくて予定が決まらないまま何もなかった話とか、はてな女子3人対1人で飲んだら何もできない話とか、トラブルに巻き込まれ…

必然性のアウトソーシングが不要なひとだけがレールを外れられる

なりたくなかったオトナの生活も意外に快適 ここ数ヶ月はWebライターとしても廃業状態だったし、ブログの更新も1ヶ月ぶり。何をしていたのかと考えれば、仕事・読書・飲酒となる。あまりに代わり映えがなくて、日記ブログの更新も疎か。 それなりに楽しく本…

アイドルや声優の結婚発表は安全に痛い感傷を発生させるアトラクション

わかっていたよ、おいらじゃダメさ 好きなアイドルや声優が結婚をしたり熱愛報道されると、むしろ安心するというか、「わかっていたよ、おいらじゃダメさ」という感傷に浸れる安全に痛いエンタメ装置として消費していることがある。関連グッズを全部捨てたり…

君の顔はのっぺらぼうで、どの目玉で僕を見つめてくれるんだろう

のっぺらぼうの君はだれなんだ? 性的妄想に出てくるのっぺらぼうの君は誰なんだ? と思うことがある。片想いをしていようが、アイドルのファンになっていようが、恋人がいようが、未練があろうが想像のなかに出てくる顔は時期ごとに大体決まっていたのだけ…

はてな女子からの恋愛バトンに答えてみた

はてなで恋愛バトン なんか巷で噂のバトンが id:yu-rin-chi さんから回ってきたのでやりまぁーすw Q1.いきなり回す人を3~5名 。 Twitter等で比較的絡む機会が多い&(既婚っぽくない)はてな女子に回します。バトンは強制ではありませんので気が向いた…

自分の婚活戦闘力が分かれば、もう高望みしなくてすむのかもしれない

なんで、平日デートすぐ死んでしまうん? 平日まともな時刻に退勤できない日々が続いているのだけど、それによる機会損失が大きい。妙齢の女性を紹介してもらえたり、合同コンパや街コンなどへのお誘いを受ける機会もあるのだけど、基本的には平日の19:00〜…